全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

明生、小結に昇進  瀬戸内町出身、入門10年 奄美勢で29年ぶり 大相撲名古屋場所

小結昇進が決まった鹿児島県瀬戸内町出身の明生(2019年、瀬戸内町役場で)

 日本相撲協会は21日、大相撲名古屋場所(7月4日初日、愛知・ドルフィンズアリーナ)の新番付を発表し、鹿児島県奄美群島関係では瀬戸内町出身の明生(25)=本名・川畑明生、立浪部屋=が西の小結に昇進した。東前頭2枚目で迎えた夏場所で8勝7敗と勝ち越し、新三役への期待が高まっていた。奄美出身力士では1992(平成4)年秋場所の旭道山(徳之島町出身)以来、29年ぶりの新小結。 

 明生は2011年5月の技量審査場所で初土俵を踏み、16年九州場所で新十両昇進、18年名古屋場所で新入幕を果たした。十両優勝1回。

 上位陣総当たりとなった今年春場所は、10勝の好成績を収めて敢闘賞を初受賞。自身最高位で臨んだ夏場所も1大関を倒すなど、8勝を挙げていた。

 小学2年で相撲を始めた明生は、中学卒業と同時に角界入り。10年の節目で新三役の座をつかみ、「焦らずコツコツと稽古を重ねたことが結果に表れた。真っ先に両親に報告した」と喜びもひとしお。「入門前から横綱を目標にしてきた。強い精神力で相撲に向き合いたい」と力強く語った。

 立浪親方(元小結旭豊)は「応援してくださった皆さんに恩返しできたのではないか。私の現役時代の番付に並んだ。心と技を鍛え、早く追い越してほしい」と笑顔を見せた。

 番付が発表されたこの日は、地元瀬戸内町でも関係者らが懸垂幕を設置して明生の小結昇進を祝った。

 鹿児島県出身の新三役は千代鳳(志布志市出身、九重部屋)以来、7年ぶり。

関連記事

紀伊民報社

「おもちゃ病院」高校生が修理

 和歌山県田辺市あけぼの、田辺工業高校電気電子科3年の生徒が、「おもちゃ病院」に持ち込まれたおもちゃの修理に取り組んでいる。生徒らは「子どもたちにとって、おもちゃは大切な物。直して喜んでもらいた...

スモークウッド「燻助」好評 各方面から注目 厚真町の森林再生にも貢献 イ..

苫小牧市晴海町の総合木材業イワクラが今春発売した薫製用のスモークウッド「燻助(くんすけ)」が各方面から注目を集めている。販売を始めた4月以降、アウトドア愛好家のほか、薫製商品の開発に取り組む道内の...

荘内日報社

全日本おかあさんコーラス東北 総合1位 酒田 コールShion 6年ぶり全国大..

 6月12日に山形市で行われた第45回全日本おかあさんコーラス東北支部大会で、酒田市の女声合唱団「コールShion」(加藤千鶴代表、団員30人)が総合1位に輝き、6年ぶりとなる全国大会(今年8月)の切符を手...

紙のドレス 国際コンで優勝 帯広の現代アート作家加藤さん

 現代アート作家の加藤かおりさん(帯広)が、豪州・タスマニアで開かれた国際的なペーパーアートのコンテスト「Paper on Skin 2022」で優勝した。ほぼ紙のみで作られた、赤色のドレスと青色...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク