全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

大崎海域に浮桟橋 YDA「白紙撤回を」 ポンツーン事業計画 大手旅行会社

大崎海域でウミガメを観察するダイバー=2020年6月(提供)

 石垣島屋良部半島の大崎海域で国内大手旅行社のマリンレジャー事業の拠点としてポンツーン(浮桟橋)設置が計画されていることが分かり、八重山ダイビング協会(YDA、84社)が22日、「ダイビングの最重要海域の一つ」として見直しを求める嘆願書を提出する。ポンツーン設置は岩礁破砕を伴うことから八重山漁協の同意を必要としており、26日の総会で議案として提出され、書面で審議される予定となっている。

 ポンツーン事業はオーストラリアのグレートバリアリーフでも行われている。大崎海域での計画は海岸から約330㍍沖合に縦27㍍×横50㍍の巨大ポンツーンを設置し、これを拠点にシュノーケリングやダイビング、海中展望室、グラスボトムボート、飲食などのサービスを提供する。ポンツーン本体を中心に半径500㍍の範囲内でアクティビティを実施する。更衣室やシャワー室、ロッカーなども完備する。収容人数は300人規模。

 これに対してダイビング業者からは「ポンツーンの設置場所はハナゴイリーフと言われ、魚も豊富。海岸はウミガメの産卵場所にもなっている。冬場の北風の際は30隻以上が停泊する重要なダイビングポイント。自然環境保護の観点からも巨大なトンブロックが海中に投入されると、環境への大きな影響が出るおそれがある」と懸念の声が上がる。

 さらに「この大崎海域のダイビングポイントは島の先輩業者が漁業者との良好なコミュニケーションの中で育み受け継いできた大切なポイント。今後も後輩たちに引き継いでいきたい。これがなくなると島の宝を損失することになる」と危機感も募らせる。

 協会の理事17人は15日、同業者の担当者から初めて事業計画の説明を受けたという。嘆願書では「理事一同、あぜんとするとともに驚いている。計画されている海域は、協会をはじめ多くのマリンレジャー業者が漁業者の理解のもと利用させてもらっている最重要海域の一つ」と訴えている。

関連記事

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

長野日報社

南ア登山の安全祈願 北沢峠で3年ぶり長衛祭 長野県伊那市長谷

 南アルプスの開拓者、竹澤長衛(1889~1958年)をしのぶ「第64回長衛祭」(同実行委員会主催)の碑前祭は25日、長野県伊那市長谷と山梨県南アルプス市境の北沢峠(標高2032メートル)で、3年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク