全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

大崎海域に浮桟橋 YDA「白紙撤回を」 ポンツーン事業計画 大手旅行会社

大崎海域でウミガメを観察するダイバー=2020年6月(提供)

 石垣島屋良部半島の大崎海域で国内大手旅行社のマリンレジャー事業の拠点としてポンツーン(浮桟橋)設置が計画されていることが分かり、八重山ダイビング協会(YDA、84社)が22日、「ダイビングの最重要海域の一つ」として見直しを求める嘆願書を提出する。ポンツーン設置は岩礁破砕を伴うことから八重山漁協の同意を必要としており、26日の総会で議案として提出され、書面で審議される予定となっている。

 ポンツーン事業はオーストラリアのグレートバリアリーフでも行われている。大崎海域での計画は海岸から約330㍍沖合に縦27㍍×横50㍍の巨大ポンツーンを設置し、これを拠点にシュノーケリングやダイビング、海中展望室、グラスボトムボート、飲食などのサービスを提供する。ポンツーン本体を中心に半径500㍍の範囲内でアクティビティを実施する。更衣室やシャワー室、ロッカーなども完備する。収容人数は300人規模。

 これに対してダイビング業者からは「ポンツーンの設置場所はハナゴイリーフと言われ、魚も豊富。海岸はウミガメの産卵場所にもなっている。冬場の北風の際は30隻以上が停泊する重要なダイビングポイント。自然環境保護の観点からも巨大なトンブロックが海中に投入されると、環境への大きな影響が出るおそれがある」と懸念の声が上がる。

 さらに「この大崎海域のダイビングポイントは島の先輩業者が漁業者との良好なコミュニケーションの中で育み受け継いできた大切なポイント。今後も後輩たちに引き継いでいきたい。これがなくなると島の宝を損失することになる」と危機感も募らせる。

 協会の理事17人は15日、同業者の担当者から初めて事業計画の説明を受けたという。嘆願書では「理事一同、あぜんとするとともに驚いている。計画されている海域は、協会をはじめ多くのマリンレジャー業者が漁業者の理解のもと利用させてもらっている最重要海域の一つ」と訴えている。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク