全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

サンゴ礁 守り、伝える 与論島 小学生がグラスボートで観察

グラスボートでサンゴを観察する那間小の子どもたち=12日、与論町(NPO法人海の再生ネットワークよろん提供)

 鹿児島県の与論島で12日、NPO法人海の再生ネットワークよろん主催の「海と日本PROJECT サンゴ礁の海観察会」があった。島内の那間小3、4年生児童27人が参加。座学の後、グラスボートで沖に出てサンゴ礁を観察し、その魅力を自分の目で確かめた。

 観察会は次世代へ豊かな海を引き継ぐための日本財団「海と日本プロジェクト」の一環で、初めて開催した。グラスボートを所有する同町の総合リゾート施設「プリシアリゾートヨロン」が協力した。

 初めに、那間小学校で座学があり、同法人の池田香菜事務局長を講師に、サンゴとサンゴ礁の違い、サンゴ礁が海や他の生き物にもたらす恩恵などの基礎知識を学んだ。

 終了後はグラスボートに乗って出港。浅瀬には、死んだサンゴが重なっている所もあったが、リーフの外ではテーブルサンゴや枝サンゴなどが観察できた。児童たちは、その美しさに目を輝かせ、熱心に観察していた。

 池田事務局長は「自分たちの住む島にはまだまだ多くの豊かなサンゴ礁があること、そのサンゴ礁を守っていくために、自分たちは何ができるかを考えるきっかけになれば」と話した。

関連記事

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。  関西大は市と地域活...

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦...

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク