全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「甘くておいしい」 2年前に植えたパイン収穫 崎枝小中学校

収穫したパインを持ち笑顔の児童生徒ら=18日午後、㈲やえやまファーム崎枝農場

 崎枝小中学校(嘉良寧校長)の児童生徒11人は18日午後、㈲やえやまファームの崎枝農場で2年前に植えたピーチパインの収穫を体験した。2年かけて大事に育てられたパインを試食して児童生徒らは「甘くておいしい」などと笑顔。体験後には、赤土流出防止のため月桃の苗を植えた。

 同校の児童生徒は、2019年7月に崎枝農場でパインの苗2400株を植えた。やえやまファームによると、同農場では有機栽培を行っているため、収穫できるのはこのうち3割程度。2年前、いのししに食い荒らされ農作物が全滅し、今回は3年ぶりの収穫となる。

 この日、児童生徒らは鎌を使って自分たちで植え付けたパインを収穫。石垣秋果さん(中学3年、14)は「途中で折れてしまったりして、見ていたら簡単そうだったけどやってみたら難しかった」と感想を述べた。

 この後、名蔵湾に農場の赤土が流れてサンゴ礁が死滅するのを防ぐため、校庭で種から育てた月桃の苗200株を農場に植え付けた。

 嘉良校長は「崎枝地区の子どもたちは普段パイン畑はよく目にするけど、パイン農家の家がなくてなかなか触れる機会がない。今回体験していい経験になったと思う」と振り返った。

関連記事

インバウンドは「店長」におまかせ ハニフさん着任 道の駅うらほろ

 道の駅うらほろ(浦幌町北町16、国道38号沿い)に4月から、マレーシア人のイザハ・ハニフさん(28)が「店長」として勤務している。指定管理者の道の駅うらほろ直売会によると、2009年の開業以来、...

宇部日報社

新庁舎初の期日前投票所に整理券の発券機設置【宇部】

 参院選の期日前投票が、宇部市役所で始まっている。新庁舎初の期日前投票所は、正面入り口から入ってすぐの総合受付の奥にあり、コロナ禍の中、投票者が長蛇の列になっての密を避けるため、初めて整理券の発...

夏風満帆、白熱レース 2年ぶりウインドサーフィン奄美大会

 ウインドサーフィンの国内大会「TSUKASA JAPAN CUP2022」(日本ウインドサーフィン協会主催)が24日、鹿児島県・奄美大島の龍郷町の倉崎海岸で開幕した。全国からプロ、アマ計70人...

サンゴの出産と産卵撮影 知名町の東さん

 鹿児島県・沖永良部島の知名町のダイビングショップ・シードリーム沖永良部代表の東進一郎さん(51)は17日、ハナヤサイサンゴの出産とコモンサンゴの産卵の撮影に成功した。  卵と精子の入ったカプ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク