全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「曽利遺跡」発掘現場で説明会 長野県富士見町教委

曽利遺跡の発掘現場で行われた現地説明会

 富士見町教育委員会は19日、同町池袋の井戸尻考古館周辺にある縄文時代中期(約5000~4000年前)の「曽利遺跡」発掘現場で、現地説明会を午前と午後の2回開いた。午前中は雨が降るあいにくの天気にもかかわらず、地域の歴史や考古学に関心を寄せる約30人が参加。出土品や住居址を見ながら、調査員の説明を熱心に聞いた。

 発掘は史跡整備に向けて遺跡の範囲を確認するため、5月11日から実施。同遺跡はこれまで南側が調査されたのみで正確な範囲が分かっておらず、今回は隣接する大花遺跡との境界付近の北側を対象に行っている。

 2メートル幅の試掘溝6本を掘って遺構の広がりを調査した結果、中期初頭から晩期までの住居址10軒ほどを確認し、埋甕などを発見。完全な形に復元できる土器は少ないものの、中心に穴が空いた俵型の土玉や黒曜石の石匙、土製の耳飾りなども見つかった。

 説明会では、調査員が柱の跡や墓として使われた竪穴などを紹介。住居址の形から時代を特定し、隣接する大花遺跡との境界を判定した根拠などを解説した。

 近所に住む70代男性は「お墓と住居が同じところから発見されるのが面白い。説明してもらうと時代背景が分かって、興味も深くなる」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

「おもちゃ病院」高校生が修理

 和歌山県田辺市あけぼの、田辺工業高校電気電子科3年の生徒が、「おもちゃ病院」に持ち込まれたおもちゃの修理に取り組んでいる。生徒らは「子どもたちにとって、おもちゃは大切な物。直して喜んでもらいた...

スモークウッド「燻助」好評 各方面から注目 厚真町の森林再生にも貢献 イ..

苫小牧市晴海町の総合木材業イワクラが今春発売した薫製用のスモークウッド「燻助(くんすけ)」が各方面から注目を集めている。販売を始めた4月以降、アウトドア愛好家のほか、薫製商品の開発に取り組む道内の...

荘内日報社

全日本おかあさんコーラス東北 総合1位 酒田 コールShion 6年ぶり全国大..

 6月12日に山形市で行われた第45回全日本おかあさんコーラス東北支部大会で、酒田市の女声合唱団「コールShion」(加藤千鶴代表、団員30人)が総合1位に輝き、6年ぶりとなる全国大会(今年8月)の切符を手...

紙のドレス 国際コンで優勝 帯広の現代アート作家加藤さん

 現代アート作家の加藤かおりさん(帯広)が、豪州・タスマニアで開かれた国際的なペーパーアートのコンテスト「Paper on Skin 2022」で優勝した。ほぼ紙のみで作られた、赤色のドレスと青色...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク