全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

出羽三山神社「丑の日」から新たなイベント 羽黒山「石段詣」

 出羽三山神社は、「丑(うし)の日」の22日から新たな取り組みとして羽黒山の「石段詣(いしだんもうで)」を始める。魔性がとりつかないよう結界を意味する「注連(しめ)」を首に掛けて随神門から山頂まで2446段(約1・7㌔)を歩き恋愛運や健康運、学業成就などを祈る。

 現世の幸せを願う羽黒山、死後の安楽と往生を祈る月山、生まれ変わりの湯殿山と、出羽三山への参拝は古くから現在・過去・未来を巡る「生まれ変わりの旅」として民衆の間に広まった。

 石段詣は、かつての参拝の姿を再現。今の自分と向き合い、過去を洗い流して未来を見つめる機会にしてもらおうと出羽三山神社が観光振興を担う「DEGAM(デガム)鶴岡ツーリズムビューロー」の協力を得、12年に1度の「丑歳御縁年」に合わせて始めることにした。

 本番を前に17日、観光客をもてなす側の鶴岡市の湯野浜、あつみ、湯田川、由良の4つの温泉旅館関係者を招いて「実際に石段詣をしてもらおう」という試みが行われ、温泉旅館の従業員や羽黒町観光協会のメンバー合わせて52人が「注連」を掛けて石段を歩いた。途中、二の坂茶屋で名物の「力餅」を食べて休んだり、注連に結んだ「縁紐(えにしひも)」に願いを掛けて縁結びの神様「埴山姫(はにやまひめ)神社」を参拝するなどした。

「注連」を掛けて石段詣を体験する参加者

 出羽三山神社の担当者は「石段を歩きながら五感を研ぎ澄ます大切さや自然の中で生かされていることに感謝してもらえれば。古(いにしえ)の出羽三山詣を体感してほしい」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

防災用の井戸確保へ ポンプ設置や水質検査に印南町が補助

 和歌山県印南町は防災に役立てる「災害時協力井戸」の登録増加を目指している。民家などにある井戸を、災害時に使用できるようにするためだ。本年度からポンプの設置や水質検査に対して補助する。  災害...

金子さん初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」 新得消防団

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

荘内日報社

優雅な姿 目を引く 24日までしょうない金魚まつり

 庄内町の初夏の風物詩「しょうない金魚まつり2024」が20日から同町の新産業創造館クラッセのイベント広場で始まった。  同まつりは同町特産のブランド金魚「庄内金魚」を町内外に広くPRしようと毎年6月に...

宇部日報社

レノファを応援に行こう、8月3日はホームタウンデー【宇部】

目標は観客動員1万人  サッカーJ2レノファ山口の渡部博文社長とUBEの髙瀬太常務執行役員宇部事業所長は20日、宇部市ホームタウンデー・UBE冠マッチとなる8月3日のリーグ第25節、大分トリ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク