全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

三種町の小中学生、ジュンサイ摘み取り体験 小舟を上手に操り

ジュンサイの摘み取りを体験する金岡小の児童

 三種町の小中学生が、今夏もジュンサイの摘み取りを盛んに体験している。生産量日本一を誇る地元の特産を学んでもらおうと、JA秋田やまもとが食農体験教室の一環で提案し、多くの学校で実践。児童生徒は小舟に乗って水の中に手を入れ、「取れた!」と歓声を上げながら体験しているほか、農家に質問して特産を学習。農家側も児童生徒の訪問を喜び、生き生きと活動する姿に目を細めている。

 ジュンサイの摘み取り体験は、同JAが「ここだからこそできることを体験してもらいたい」と同町の学校に提案して実施。今年は5月下旬から6月下旬にかけ、5小学校、2中学校で計8回行われる。体験場所はいずれも志戸橋の阿部農園で、小舟やライフジャケットを多く用意でき、トイレなど設備も整っているためという。
 14日は金岡小3、4年生19人が訪れた。はじめに同農園の従業員、笹村加代子さん(65)が「町のジュンサイは生産量日本一。一生懸命摘み取ってね」とあいさつし、小舟のこぎ方や摘み取りの方法などを教えた。
 児童は早速2人一組で小舟に乗り、慎重にこぎ出した。2人で呼吸を合わせて徐々にこつをつかみ、「いっぱいあるよ」、「取れた!」と歓声を響かせながらバケツに入れた。収穫したジュンサイは持ち帰りで、同農園は袋に入れる際に“サービス”で増量。児童は「ありがとうございます」と感謝した。
 また、児童たちは笹村さんにジュンサイの栽培管理や旬の時期、おいしい食べ方などについて質問。笹村さんは「きれいな水で、雑草を取るなど世話をしないと良いジュンサイは取れない」などと答え、児童はメモを取って特産への理解を深めた。
 加藤斗麻君(3年)は「初めての体験だけど、取るのが楽しかった。いっぱい取れたので、ジュンサイ汁にして食べたい」と笑顔。笹村さんは「地元ならではの体験なので、印象に残るように教えたいと思っている。地域で子どもの声を聞くことが少なくなったので、体験に来てくれるのがうれしい。子どもたちは夢中で、取るのも舟をこぐのも楽しいみたいだ」と目を細めた。
 同JAは「食べることも大事だが、実際にジュンサイを摘み取ることで、大人になっても忘れない。他県に行っても地元のことを言える大人になってほしい」と話していた。

関連記事

釧路新聞社

一面紫のじゅうたん アヤメ見頃【厚岸】

 【厚岸】厚岸霧多布昆布森国定公園内にある「あやめケ原」(町末(ま)広(びろ))で22日、第65回あっけしあやめまつり(厚岸観光協会、町主催)が始まった。敷地面積約100㌶にヒオウギアヤメ約3...

長野日報社

赤砂崎公園に土俵完成 荒汐部屋諏訪湖後援会が整備 長野県下諏訪町

 大相撲の荒汐部屋(東京)を支援する諏訪地方の有志でつくる「荒汐部屋諏訪湖後援会」は、長野県下諏訪町で8月に実施予定の同部屋の夏合宿を前に、同町の赤砂崎公園に新しい土俵を整備した。22日に完成し...

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

荘内日報社

渚の交番 カモンマーレ10万人 鶴岡 1周年に達成 記念イベント 魚つかみ取り マ..

 鶴岡市加茂で昨年6月にオープンした「渚の交番カモンマーレ」の来館者が22日、10万人に達し、記念のセレモニーが行われた。同日はオープン1周年の記念イベントも開かれ、夏空が広がり目の前の海が青さを増す中...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク