全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

芭蕉布へ、イトバショウに手入れ作業 沖永良部島唯一の芭蕉布工房

イトバショウの手入れ作業に集まった参加者=12日、知名町(提供写真)

 鹿児島県知名町の沖永良部芭蕉布工房長谷川(長谷川千代子代表)は12日、工房近くの畑で毎年恒例のイトバショウの手入れを行った。工房の会員、役場職員、友人知人ら約40人がボランティアで参加し、草刈りや肥料やりなどに汗を流した。

 同工房は奄美・沖縄伝統の芭蕉布製造技術を継承する沖永良部島唯一の工房で2001年開設。後進育成にも力を入れ、今年で20年の節目を迎えた。畑は面積約30アール。工房で1年間に使う約1000本分の原料を栽培している。

 この日の作業はイトバショウの枯れ葉を落とし、肥料を入れるなどして、成長を促進する目的。例年4~5月に行うが、新型コロナウイルスの影響で延期されていた。

 中心となって周囲に協力を呼び掛け、参加している役場職員の宮當和重さん(44)は「若手や新規の採用職員にも参加してもらうことで、町伝統の芭蕉布作りの勉強にもなれば」と話した。

 長谷川代表(81)は「毎年たくさんの方が作業に参加くださり、感謝している。コロナの影響で工房への来客も少ない状況だが、客が戻るまでは作品作りに力を入れたい」と話した。

 工房では今後、7~9月に幹の上部を切り落とし、繊維を丈夫にするための「芯止め」、11~3月にイトバショウを倒して糸を取る作業が行われる。

関連記事

釧路新聞社

一面紫のじゅうたん アヤメ見頃【厚岸】

 【厚岸】厚岸霧多布昆布森国定公園内にある「あやめケ原」(町末(ま)広(びろ))で22日、第65回あっけしあやめまつり(厚岸観光協会、町主催)が始まった。敷地面積約100㌶にヒオウギアヤメ約3...

長野日報社

赤砂崎公園に土俵完成 荒汐部屋諏訪湖後援会が整備 長野県下諏訪町

 大相撲の荒汐部屋(東京)を支援する諏訪地方の有志でつくる「荒汐部屋諏訪湖後援会」は、長野県下諏訪町で8月に実施予定の同部屋の夏合宿を前に、同町の赤砂崎公園に新しい土俵を整備した。22日に完成し...

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

荘内日報社

渚の交番 カモンマーレ10万人 鶴岡 1周年に達成 記念イベント 魚つかみ取り マ..

 鶴岡市加茂で昨年6月にオープンした「渚の交番カモンマーレ」の来館者が22日、10万人に達し、記念のセレモニーが行われた。同日はオープン1周年の記念イベントも開かれ、夏空が広がり目の前の海が青さを増す中...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク