全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

19日から「森の教室」 長野県富士見町の森のオフィス

富士見森のオフィスで19日から開催する「森の教室」への参加を呼び掛けるスタッフ

 富士見町塚平のコワーキングスペース「富士見森のオフィス」は19日から、「森の教室」を始める。仕事場として利用するクリエイターやデザイナーらが“先生”となって座学講習や体験型授業などを行い、オフィスに集う知恵と技術を地域に還元する。地元の識者らが講師を務める日もある。地域に開かれた「森のオフィス」を目指し、週1回のペースで開講。各講座への参加者を募っている。

 初回の19日は、「SDGsから諏訪を考える会」の平島安人さんを迎えての「地球環境を知ろう」。オフィス利用者が講師を務める講座は25日から開始。イラストレーター実践講習や動画制作・編集講座があり、仕事にも趣味にも役立つ知識とスキルをそれぞれ3回の講座で伝授する。

 幅広い世代が参加しやすいようにと、開講日は金曜夜または土曜午後とした。7月には同町井戸尻考古館の学芸員による縄文講座、8月には国際利酒師と、町内に「真澄富士見蔵」を構える宮坂醸造がコラボする日本酒講座も予定している。

 森のオフィスで働く町地域おこし協力隊の1人、緒方麻弥さんによると、利用者以外でも立ち寄れる場であると知ってほしいと「森の教室」を企画した。「教室で参加者と利用者、地域の方々と移住者が出会い、つながり、交流が生まれたら」と緒方さん。小学生親子や中高生の参加も歓迎し、今後は地域から教わるみそや漬物づくり、郷土料理に関する講座なども計画したいという。

 講座の日程や詳細、参加費などは、森のオフィスホームページに載せている=二次元(QR)コード。各回定員制。HPやフェイスブック、電話で申し込む。問い合わせ、申し込みは森のオフィス(電話0266・78・8009)へ。

関連記事

長野日報社

東京修学旅行再開 長野県諏訪市豊田小6年生に同行

 新型コロナウイルス感染症の影響で、ここ数年、長野県外から県内へ行き先が変更されるケースが相次いだ小中高校の修学旅行。感染状況が全国的に下火になっていることを受け、諏訪地域の学校では行き先を県...

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。  関西大は市と地域活...

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦...

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク