全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「職域接種」来月中旬から  市と医師会 11月末完了目指す 中小企業対象に 道内でも異例

苫小牧市と市医師会(沖一郎会長)は15日、新型コロナウイルスワクチン接種の新体制を発表した。7月中旬から市保健センター(ハスカッププラザ)で、市内企業を対象にした「職域接種」を展開。集団接種会場「とまこまいワクチン接種センター」も同19日から、グランドホテルニュー王子に常設する。64歳以下の接種券配送スケジュールも示し、11月末までに希望者への接種を終えたい考えだ。

ワクチン接種体制強化のイメージ

 「職域接種」は市と市医師会が共同出資する一般財団法人「ハスカッププラザ」による独自の取り組み。市内は接種者1000人を確保できない中小企業が多数を占める中、同法人が企業の接種者を取りまとめて1000人以上とし、市保健センターで原則実施。道内でも例がない枠組みと見られる。

 国は「職域接種」について、企業や大学などが自ら医療従事者や会場を確保し、接種対象者は1000人以上を基本とするよう求めている。一方で接種者が確保できない場合も想定し、対象に取引先や下請け、家族を加えたり、商工会議所などを通して共同実施したりする例も示している。苫小牧市の「職域接種」はこの共同実施を活用するが、自治体と医師会による独自の枠組みとなる。

 対象はハスカッププラザが健康診断などを請け負っている企業、市医師会会員が産業医を務めている企業の従業員。15日の方針発表を受けて同法人が取りまとめを始め、7月中旬から接種する予定だ。

 同法人が管理、運営する市保健センターで原則平日午後2~6時、1日最大300人の接種を想定。市医師会によると、医師1人、打ち手2~3人で対応できるという。市から接種券が届く前でも接種でき、所属企業が接種券を回収し、後日同センターに提出する。ワクチンは米モデルナ社製を使う。

 市医師会の沖一郎会長は会見で「市内は中小の企業や工場が多い。ハスカッププラザ、保健センターが職域接種の代わりを担う」と述べ、従来の個別、集団、巡回の各接種に独自の「職域」を加えることで、希望者へのワクチン接種が進むことを強調。「市、医師会、保健センターが三位一体でワクチン接種を進める」と述べた。

関連記事

釧路新聞社

一面紫のじゅうたん アヤメ見頃【厚岸】

 【厚岸】厚岸霧多布昆布森国定公園内にある「あやめケ原」(町末(ま)広(びろ))で22日、第65回あっけしあやめまつり(厚岸観光協会、町主催)が始まった。敷地面積約100㌶にヒオウギアヤメ約3...

長野日報社

赤砂崎公園に土俵完成 荒汐部屋諏訪湖後援会が整備 長野県下諏訪町

 大相撲の荒汐部屋(東京)を支援する諏訪地方の有志でつくる「荒汐部屋諏訪湖後援会」は、長野県下諏訪町で8月に実施予定の同部屋の夏合宿を前に、同町の赤砂崎公園に新しい土俵を整備した。22日に完成し...

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

荘内日報社

渚の交番 カモンマーレ10万人 鶴岡 1周年に達成 記念イベント 魚つかみ取り マ..

 鶴岡市加茂で昨年6月にオープンした「渚の交番カモンマーレ」の来館者が22日、10万人に達し、記念のセレモニーが行われた。同日はオープン1周年の記念イベントも開かれ、夏空が広がり目の前の海が青さを増す中...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク