全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

有帆小児童がホタル学習

卵や幼虫の時から発光すると聞いて驚く児童(有帆小で)

 ホタルの舞う古里に-山陽小野田市の有帆小(池上雅代校長)で15日、3年生13人がホタル学習を行った。ホタルの生態を学び、同校の飼育小屋でこれからふ化する幼虫を育て、10月に地域の川などに放流する。    総合学習の一環として3年生が毎年、有帆ふるさとづくり協議会のホタル部会(三井諦部会長)と一緒にホタルを育てている。その最初の授業として同部会のメンバー4人から、ホタルの生態や生まれてから死ぬまでのサイクルについて教えてもらった。     三井部会長から「ホタルは2000種類ぐらいいて、そのうち日本には46種類がいる。ゲンジボタル、ヘイケボタルが有名だが陸で生活するヒメボタルもいる。竜王山はヒメボタルの生息地として有名」という説明を受けた。    児童は雄が雌の50倍も多いことや、1匹の雌が400~700個の卵を産むのにびっくり。直径1・5ミリの卵からふ化して6回の脱皮を繰り返して成虫になっていくことも学んだ。    体育館裏にある飼育小屋「ほたるのおうち」でホタルを育てていく。小屋にはホタル部会員が今月5日に地元の柳川で採取したゲンジボタルの雄50匹、雌22匹を入れている。児童たちは成虫を手のひらに載せてみたり、小さな卵を顕微鏡で観察したりした。    卵は7月上旬にふ化。児童は餌やりや週3回の水替えなどをして大切に育てていく。例年、約8000個のうち30%が最終的に成虫になるという。学校で育て体長1~3センチになった幼虫は、10月に有帆運動広場にあるビオトープに放流するほか柳川、鬼ケ迫などのホタルの名所にも放つ。

関連記事

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

荘内日報社

渚の交番 カモンマーレ10万人 鶴岡 1周年に達成 記念イベント 魚つかみ取り マ..

 鶴岡市加茂で昨年6月にオープンした「渚の交番カモンマーレ」の来館者が22日、10万人に達し、記念のセレモニーが行われた。同日はオープン1周年の記念イベントも開かれ、夏空が広がり目の前の海が青さを増す中...

子どもの夜間・休日診療オンラインで 7月に管内初導入 上士幌

 上士幌町は7月1日、実証実験として、東京の民間医療サービス会社と連携し、小児科の夜間・休日オンライン診療を始める。町によると、管内では初の取り組みで、「子どもを連れて移動する必要がないので、通院...

宇部日報社

コミュニティ・ミートアップ 〝Aスクエアを面白く〟3分野の実現へ【山陽小野..

 「さんようおのだコミュニティ・ミートアップ」が21日、中央2丁目の複合施設「Aスクエア」で開かれた。34人が参加して同施設を盛り上げ、魅力ある場所にする取り組みについて考え、「サッカーJ2レ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク