全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

今年の赤川花火は… 連続30日夜空にエール 7月23日から1日30発打ち上げ 「コロナ収束願い地域に元気を」思い伝える

 赤川花火大会実行委員会(会長・五十嵐由浩鶴岡青年会議所理事長)は15日、鶴岡市の出羽庄内国際村で記者会見を開いた。今年はコロナ禍の状況を踏まえ、これまでのような大規模な花火大会ではなく、連続30日間にわたって1日当たり30発を打ち上げると説明した。

今年の赤川花火をアピールする五十嵐会長(中央)と実行委のメンバー

 大会名は「赤川花火プレゼンツ2021」でテーマは『「エール」~笑顔あふれる未来~』。コロナの収束と医療従事者への感謝を込め、少しでも地域住民に元気を届けるような内容にする。打ち上げ場所は、鶴岡市赤川河川敷(羽黒橋~三川橋)と、今年開墾150年の節目を迎えた羽黒町松ケ岡の2カ所。赤川河川敷では7月23日(金)から31日(土)までと、8月13日(金)から21日(土)まで。松ケ岡では8月1日(金)から12日(木)までで、打ち上げ時間はいずれも午後7時半から。夜空を焦がす花火が見られるのは各日とも2分間程度になる。

 花火は、例年参加している全国の花火師が製作した「割物」で、打ち上げは酒田市内の花火業者が担当する。毎日の打ち上げの際に地域の子どもたちや医療従事者などから「カウントダウン」とメッセージを寄せてもらう。花火の様子はユーチューブの赤川花火大会公式チャンネルで動画を生配信する。打ち上げ会場に観覧席やトイレは設置しない。

 五十嵐会長は「実行委員会で連日、会議を重ね時代に即した大会にしようと意見を交わしてきた。『今年は赤川花火大会が見られますように』と市民からはがきも寄せられている。前向きに捉え、少しでもそうした思いに応えたい」と語った。

関連記事

荘内日報社

“リアビズ”に挑戦(庄総高生)仕入れから商品製作、販売体験 模擬企業グランプ..

 庄内町の庄内総合高校(池田理校長、生徒193人)の2年生メンバーが「リアビズ高校生模擬企業グランプリ」(認定NPO法人金融知力普及協会主催)に挑戦している。高校生が企業運営のノウハウを学ぶもので、24...

長野日報社

入笠エリアで”鉄人”レース 富士見バーティカル&フライ 長野県

 山登りとパラグライダーを組み合わせた競技大会「富士見バーティカル&フライ」が24日、長野県富士見町の入笠エリアで開かれた。麓から入笠山山頂まで高低差1000メートル、約64キロを駆け登り、降下す...

荘内日報社

ブルーインパルス登場!! 見事な編隊飛行に園児歓声(鶴岡)

 航空自衛隊のアクロバット飛行専門チーム「ブルーインパルス」の練習飛行が22日、庄内上空で行われた。  航空自衛隊松島基地を出発した編隊は鳥海山の裾野を通り遊佐町、酒田市、庄内町、三川町、鶴...

荘内日報社

にぎわい創出の拠点 「日和山小幡楼」オープン(酒田)

 酒田市が、日吉町二丁目の「旧割烹小幡」を新たな交流観光拠点施設として改修した「日和山小幡楼」が20日オープン。セレモニーで丸山至市長(67)は「受け継がれてきた歴史的な価値を高め、にぎわい創出につな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク