全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

落書き、地元業者が消去 上士幌の旧士幌線アーチ橋

橋脚の落書きを消す作業員

 旧国鉄士幌線アーチ橋梁(きょうりょう)群の一つ「第二音更川陸橋」(上士幌町黒石平)に書かれた落書きを、上士幌町内の建設業者などが12日、地域貢献の一環として消去した。

 同橋梁は旧国鉄士幌線の旧路線の橋梁で、1936(昭和11)年に完成。北海道遺産に認定されている。この橋梁を撮影した人から4月、橋脚に落書きがあると町と町観光協会に連絡があった。写真は昨秋に撮影したものだった。落書きがあったのは歩いて急斜面を下りた所。

 連絡を受けた町は関係機関と対応を調整。5月末に同橋梁の近くにある鱒見覆道の補修工事を行う同町の川村組へ消去作業の協力を依頼した。

 この日は川村組と協力会社の大成塗装工業(音更)の計5人が作業に当たった。約3時間半、ブラシで丁寧に落書きを消した。

 川村組の安孫子嘉史工事部長は「自然に朽ちていくのが本来の姿だと思う。見て楽しんでいる人がいるのであれば大切に残すべきだ」と話した。町商工観光課は「北海道遺産の大切な橋。景観が守られてありがたい」と作業に感謝し、「地域や関係者は心を痛めている。こうしたこと(落書き)はやめてもらいたい」と呼び掛けた。

橋脚に書かれた落書き=左=、落書きがきれいに消された橋脚(ともに川村組提供)

関連記事

長野日報社

東京修学旅行再開 長野県諏訪市豊田小6年生に同行

 新型コロナウイルス感染症の影響で、ここ数年、長野県外から県内へ行き先が変更されるケースが相次いだ小中高校の修学旅行。感染状況が全国的に下火になっていることを受け、諏訪地域の学校では行き先を県...

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。  関西大は市と地域活...

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦...

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク