全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

日本一の美カエル、飛べない鳥 奄美・沖縄の希少生物写真展、鹿児島県立博物館で

奄美・沖縄の代表的な希少動植物の写真が並ぶ写真展=6日、鹿児島市の県立博物館

 鹿児島県奄美群島や沖縄諸島に分布する希少動植物の写真展「奄美・沖縄の希少な生き物」が、鹿児島市の県立博物館別館「宝山ホール4階」で開かれている。奄美市立奄美博物館の平城達哉学芸員(33)が撮影した写真50点が展示され、世界自然遺産登録が勧告された奄美、沖縄の多様性に富んだ豊かな自然環境をPRしている。20日まで開催。入場無料。

 展示されているのは国の特別天然記念物アマミノクロウサギや日本一美しいカエルともいわれるアマミイシカワガエル、徳之島だけに生息するオビトカゲモドキ、飛べない鳥として知られるヤンバルクイナ、「幻の花」とも称されるアマミセイシカなどの写真。

 会場には外来種対策についてのパネルなども展示され、希少種保護への機運醸成や取り組みなども紹介している。

 写真は平城学芸員が琉球大学在籍時から撮りためたもので、現在も休日を利用して動植物の撮影や観察に取り組んでいる。「奄美と沖縄の世界自然遺産登録がほぼ確実になった。より多くの人に写真展を通じて南の島々に興味を持ってほしい」と語った。

 会場を訪れた鹿児島市在住の60代男性2人は「平城学芸員のような人の取り組みで希少種保護の意識が高まったことも、自然遺産登録勧告の原動力になったのではないか」「新型コロナウイルスが収束したらぜひ奄美を訪れ、希少種を自分の目で見てみたい」などと話していた。

関連記事

紀伊民報社

「おもちゃ病院」高校生が修理

 和歌山県田辺市あけぼの、田辺工業高校電気電子科3年の生徒が、「おもちゃ病院」に持ち込まれたおもちゃの修理に取り組んでいる。生徒らは「子どもたちにとって、おもちゃは大切な物。直して喜んでもらいた...

スモークウッド「燻助」好評 各方面から注目 厚真町の森林再生にも貢献 イ..

苫小牧市晴海町の総合木材業イワクラが今春発売した薫製用のスモークウッド「燻助(くんすけ)」が各方面から注目を集めている。販売を始めた4月以降、アウトドア愛好家のほか、薫製商品の開発に取り組む道内の...

荘内日報社

全日本おかあさんコーラス東北 総合1位 酒田 コールShion 6年ぶり全国大..

 6月12日に山形市で行われた第45回全日本おかあさんコーラス東北支部大会で、酒田市の女声合唱団「コールShion」(加藤千鶴代表、団員30人)が総合1位に輝き、6年ぶりとなる全国大会(今年8月)の切符を手...

紙のドレス 国際コンで優勝 帯広の現代アート作家加藤さん

 現代アート作家の加藤かおりさん(帯広)が、豪州・タスマニアで開かれた国際的なペーパーアートのコンテスト「Paper on Skin 2022」で優勝した。ほぼ紙のみで作られた、赤色のドレスと青色...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク