全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宿泊療養施設整備へ 新型コロナ感染拡大防止と町民の不安解消 むかわ町

むかわ町は、新型コロナウイルス感染者や、濃厚接触の疑いなどで自宅隔離が困難だったり同居家族への感染拡大の不安が大きかったりする町民が出た場合を想定し、国や道の協力を得て、受け入れ先となる宿泊療養施設を整備する方針を明らかにした。家庭内感染、市中感染の防止を図り、町民の不安解消につなげるのが狙い。今年度一般会計補正予算案に事業費として240万円を盛り込み、21日に開会する町議会定例会で提案する。

 町内で感染が相次いでいる状況を踏まえた緊急措置。2018年9月に発生した胆振東部地震で、支援のために町外から派遣された職員が宿泊した国所有の「鵡川防災拠点合宿所」(町内花園)を借りて有事に備える。道内では、廃止されていた高齢者施設を使って自宅療養患者向けの宿泊施設を整備した新ひだか町の事例がある。

 施設の入所対象は、濃厚接触者や低リスク者、あるいは症状が軽度な陽性者で自宅での療養が困難な町民とし、原則介護が不要であることが条件。日常生活品としてテレビや冷蔵庫、洗濯機のほか、空気清浄機、消毒用品、検温器などを配備し、最大3人までを受け入れる。食事の提供は陽性者の場合は道、濃厚接触者、低リスク者については町が独自に行う。

 町議会定例会で関連予算が承認された後、早急に整備する予定で、竹中喜之町長は「今の状況を一つの災害として捉え、備えを固めていく。バックアップ施設として感染拡大の防止につなげたい」と話している。

関連記事

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

「感じる」企画 祭典彩る ガーデンフェスタ北海道、来月24日まで 苫小牧で..

第39回全国都市緑化北海道フェア(ガーデンフェスタ北海道2022)が開幕した25日、苫小牧市の協賛会場である出光カルチャーパーク(末広町)でオープニングセレモニーが行われた。7月24日までの期間中...

インバウンドは「店長」におまかせ ハニフさん着任 道の駅うらほろ

 道の駅うらほろ(浦幌町北町16、国道38号沿い)に4月から、マレーシア人のイザハ・ハニフさん(28)が「店長」として勤務している。指定管理者の道の駅うらほろ直売会によると、2009年の開業以来、...

宇部日報社

新庁舎初の期日前投票所に整理券の発券機設置【宇部】

 参院選の期日前投票が、宇部市役所で始まっている。新庁舎初の期日前投票所は、正面入り口から入ってすぐの総合受付の奥にあり、コロナ禍の中、投票者が長蛇の列になっての密を避けるため、初めて整理券の発...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク