全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北起屋 とまチョップホッキ焼あす発売、 「見た目かわいい」大判焼き

苫小牧市双葉町の弁当販売店「北起屋」(濱田美代子代表)は、12日に大判焼き「とまチョップホッキ焼」を発売する。実物のホッキ貝をかたどり、市の公式キャラクター「とまチョップ」をデザインした肉厚の新商品だ。

新商品「とまチョップホッキ焼」をPRする濱田代表

 中身は粒あん、白あん、カスタードクリームの3種類で、税込み180円。大きさは縦9センチ、横11センチ、厚さ6センチほどで、重さは約150グラムある。

 同社は2004年7月に営業開始。ホッキ貝を使った「ホッキ貝ごはん」や「ホッキチャーハン」を製造、販売している。月に3~5回、札幌などでのイベントに出店してきたが新型コロナウイルス感染拡大により機会が激減。手軽に食べられ、ホッキの弁当を味わった後にも口にしたくなる新商品を―と、大判焼きの発売を決めた。

 特注の型を富山県の業者に造ってもらい、5月中旬から何度も焼き加減や具の量を調整。試行錯誤の末、完成させた。

 濱田代表(69)は「苫小牧名物のホッキ貝と、とまチョップを掛け合わせた新商品。見た目がかわいいので、お土産にも喜ばれるはず」と話す。

 午前10時~午後5時(売り切れ次第終了)。毎週火曜日定休。

 問い合わせは北起屋 電話0144(32)5878。

関連記事

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

宇部日報社

厚狭秋まつりで披露されている古式行事を体験する会

 山陽小野田市の無形民俗文化財で、厚狭秋まつり(11月)で披露されている古式行事を体験する会が25日、厚狭地区複合施設体育館で開かれた。厚狭小の放課後子ども教室の1~6年生24人が参加。独特の踊...

長野日報社

養蚕 高品質な繭へ「上蔟」作業 長野県岡谷市

養蚕や桑栽培に取り組む長野県岡谷市川岸上の三沢区民農園は27日、飼育してきた春蚕4万頭の上蔟を同農園の蚕室で行った。十分に成熟して繭糸を吐き出すタイミングになった蚕を、繭を作らせるための蔟に移...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク