全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

お笑いのやす子さんが宇部ふるさと大使に

チョーコクンの縫いぐるみを持つやす子さん(提供)

 元自衛官で人気急上昇中のお笑い芸人、やす子(本名・安井かのん)さん(22)が宇部ふるさと大使に就任した。幼稚園から宇部中央高を卒業するまで市内で過ごしたやす子さん。早速ユーチューブで、市のイメージキャラクター「チョーコクン」グッズなどを手にPRし「どんどん魅力を発信していきたい」と意気込んでいる。    1998年9月2日生まれ。高校を卒業後、陸上自衛隊に入隊し、施設科に配属された。ブルドーザーを操縦するドーザ手として2年間勤務し、退官後に上京。2019年9月にピン芸人としての活動を始めた。

 トレードマークの迷彩服姿で、自衛隊50音(50音何を言われても自衛隊ぽくできる)、自衛隊勧誘(どんな職業を言われても自衛隊に向いているところを言える)、自衛隊体操、5段階ほふく前進などの特技を生かしたネタを繰り広げる。射撃、柔道、水泳も得意。かまいたちの山内健司さんに顔が似ており、共演も果たした。今年の元日に放送された「ぐるナイおもしろ荘2021」で3位に輝き、知名度が上昇。愛くるしいキャラクターで、バラエティー番組に引っ張りだこ。ドラマ「リコカツ」にも出演した。

 宇部で一番のお気に入りは常盤公園。小学生のときは常盤湖の用水路でオタマジャクシを捕まえたり、かくれんぼをしたり。中学は水泳部で、冬には遊歩道2周のトレーニングに励んだ。高校時代も春は満開のサクラ、秋はどんぐりを楽しみに行っていた。「ネコがたくさんいるスポットがあり、私の癒やしだった」と振り返る。

 ふるさと大使は4月26日付で就任し、SNSやテレビで、宇部や県の魅力を伝えている。「こういったご時世なので来てもらうのは難しいけれど、コロナが終わったら行ってみようと思ってもらえ、こんなところに宇部産の物があるんだ!と知ってもらえるような活動をしていきたい」と言う。

 本業の方は「やす子を見たら元気が出るな、やす子を見たら悩んでたことがどうでも良くなったなと思ってもらえる芸人になるのが目標。日本で一番明るく、元気な存在でいたい」と抱負。    同大使は宇部の知名度を高め、産業や文化、観光の振興を図るために市が設置した。08年7月から市にゆかりの人を委嘱しており、やす子さんで159人となった。

関連記事

紀伊民報社

「子ども食堂に協力を」  持続的運営へ支援団体を新設

 子どもの居場所や多世代交流の拠点となる「子ども食堂」を支援しようと、任意団体「県こども食堂応援ネットワーク」(事務局=和歌山県社会福祉協議会)が設立された。子ども食堂を持続的に運営していけるよ...

「ほべつメロン」最高値15万円 市公設地方卸売市場で初競り

むかわ町穂別地区の特産品で地域ブランド「ほべつメロン」の初競りが13日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は、最上級品質「秀」の5玉が前年同額の15万円。この日から苫小牧市内のス...

素材にこだわり カフェ開店 高校生の自習場所にも 池田に複合店舗

 池田町大通6で学習塾や書店、駄菓子店などを経営する「さくらネットワークス合同会社」(片山喜博代表)は、店舗内でカフェ「SORA(そら)」の営業を始めた。素材にこだわったクレープやおにぎり、各種ド...

荘内日報社

バランス取れた食事の大切さ アランマーレ選手ら遊佐小で食育教室

 バレーボールのトップリーグ「大同生命SVリーグ」に所属する「プレステージ・インターナショナル・アランマーレ」(アランマーレ山形)の選手たちが12日、遊佐町の遊佐小学校(梶原勝校長、児童452人)を訪問...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク