全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

友好都市盟約40周年 (鶴岡市 江戸川区)
さらなる交流誓い合う オンライン記念式典

 戦時中の学童疎開が縁で友好都市となっている鶴岡市と東京都江戸川区の友好都市盟約40周年記念式典が31日、オンラインで行われ、皆川治鶴岡市長、斉藤猛江戸川区長ら両市区の関係者がさらなる友好交流への決意を新たにした。

式典終了後、江戸川の関係者が映るモニターを囲み、鶴岡の関係者が記念撮影

 太平洋戦争末期の1944年8月~45年11月にかけ、江戸川区の小学3―6年生4388人が鶴岡市(旧町村部含め)に疎開し、中心市街地や温泉街などで過ごした。その後、交流が進展し、81年5月25日に友好都市の盟約を締結、スポーツや文化、祭事など多面的に交流を続けている。

 式典はコロナ禍を踏まえ、鶴岡市役所と江戸川区役所をオンラインで結び開催。鶴岡側が皆川市長や本間新兵衛市議会議長ら5人、江戸川側が斉藤区長や福本光浩区議会議長ら4人が出席した。

 あいさつで皆川市長は「40周年を契機に、これまで両都市が育んできた文化、教育、経済交流の一層の発展を図りつつ、コロナ禍を共に乗り越え、本市の強みでもある森を育む活動や森林資源を活用しやすい環境づくりなど、未来志向の新たな都市交流にも取り組みたい」、斉藤区長は「疎開時の小学生は鶴岡市民の温かさに支えられて過ごし、区民はその恩を決して忘れない。区民にとって鶴岡は第二のふるさと。40周年を機に、両市民の心の絆が広がり、友好の輪が広がるように願う」と述べた。

 本間、福本両議長の祝辞に続き、記念品交換として、お互いに事前に送っていた鶴岡のキビソのタペストリー、江戸川の木目込み人形が披露された。また、記念映像として、鶴岡江戸川交流合唱団(滝沢元会長)の34人が5月22日に荘銀タクト鶴岡で収録した混声合唱曲「みやこわすれ」などの歌曲、江戸川区が編集した「鶴岡市・江戸川区 友好の歩み」が配信され、交流の歴史を振り返り、さらなる友好への決意を新たにした。

関連記事

荘内日報社

“リアビズ”に挑戦(庄総高生)仕入れから商品製作、販売体験 模擬企業グランプ..

 庄内町の庄内総合高校(池田理校長、生徒193人)の2年生メンバーが「リアビズ高校生模擬企業グランプリ」(認定NPO法人金融知力普及協会主催)に挑戦している。高校生が企業運営のノウハウを学ぶもので、24...

長野日報社

入笠エリアで”鉄人”レース 富士見バーティカル&フライ 長野県

 山登りとパラグライダーを組み合わせた競技大会「富士見バーティカル&フライ」が24日、長野県富士見町の入笠エリアで開かれた。麓から入笠山山頂まで高低差1000メートル、約64キロを駆け登り、降下す...

荘内日報社

ブルーインパルス登場!! 見事な編隊飛行に園児歓声(鶴岡)

 航空自衛隊のアクロバット飛行専門チーム「ブルーインパルス」の練習飛行が22日、庄内上空で行われた。  航空自衛隊松島基地を出発した編隊は鳥海山の裾野を通り遊佐町、酒田市、庄内町、三川町、鶴...

荘内日報社

にぎわい創出の拠点 「日和山小幡楼」オープン(酒田)

 酒田市が、日吉町二丁目の「旧割烹小幡」を新たな交流観光拠点施設として改修した「日和山小幡楼」が20日オープン。セレモニーで丸山至市長(67)は「受け継がれてきた歴史的な価値を高め、にぎわい創出につな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク