全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

鹿追町民愛したおやき継ぐ カントリーパパ

 レストラン「カントリーパパ」(鹿追町鹿追北5線、山岸宏代表)が、町民らに長年親しまれてきた「おやき」(大判焼き)の味を引き継いだ、町内産の素材にこだわったおやきの販売を4月に始めたところ、コロナ禍にあっても客の評判を呼んでいる。

おやきの提供を始めた山岸さん(左)

 長年にわたり、町内スーパーの店頭などでおやきを販売していた店の店主が引退。道具一式が眠っていることを知った山岸さん(61)が「そのままにしておくのはもったいない」と、調理スペースとなる小屋と共に譲り受けた。

 山岸さんは伝授されたレシピを基にしながらも、卵は隣接する北養鶏場の新鮮な卵に変更。小豆も町内産にこだわる。ふわふわで冷めても固くならない生地と、小豆の香りが濃い粒あんが特長。山岸さんのイラストや自動車などをかたどった焼き印は、鹿追高校生がデザインした。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)や口コミで評判が広がり、1日100個がほぼ売り切れるという。

 町観光協会の会長を務める山岸さんは、コロナ禍による町内観光・飲食業への影響を痛感している一人。「こんなときだからこそ、少しでも話題になることに挑戦しないと。手軽に屋外でも食べられるおやきがその一助になれば」と話す。

 粒あんの他にチーズ、カスタード、チョコクリーム。1個140円。販売は金・土・日曜で、午前11時ごろ開始、売り切れ次第終了。まとまった数量の予約は応相談。問い合わせは同店(0156・66・2888)へ。

関連記事

豚丼「100年フード」へ メニュー刷新やPR強化 プロジェクト始動 帯広..

 帯広物産協会(小倉豊会長)は4月から、十勝のソウルフードとして知られる「豚丼」のPR強化、メニューのリニューアルなどを行う「100年豚丼プロジェクト」に取り組んでいる。豚丼が昨年度、文化庁の「1...

更別村のビール誕生 副原料に特産5品目 JA青年部50周年記念

 JAさらべつ青年部(赤澤翔太部長)は、今年創立50周年を迎えたことを記念し、更別産の農産物を副原料に使用したクラフトビール「さらべつふるえーる」を開発した。赤澤部長は「更別を詰め込んだビールがで...

長野日報社

「ごくらくセット」新装 諏訪五蔵の酒造めぐり 長野県諏訪市内

 長野県の諏訪観光協会と諏訪市内5軒の造り酒屋(諏訪五蔵)は27日、五蔵が通年で行う酒造めぐり「ごくらくセット」を4月からリニューアルすると発表した。御朱印帳をイメージした台紙を作製し、各蔵を回...

黒ブドウを白ワインに 十勝初の商品化 池田・まきばの家

 池田町清見の「十勝まきばの家ワイナリー」は4月1日、白ワインの新商品「清見ブラン」を発売する。「ブラン・ド・ノワール」と呼ばれる黒ブドウ100%による白ワインは珍しく、商品化は十勝のワイナリー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク