全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

一坪農園で野菜作りに挑戦 親子ら、環境に優しい農業学ぶ 和泊町

協力して野菜の苗を植える親子=29日、鹿児島県和泊町

 野菜作りを体験できる「わどまり一坪チャレンジ農園」の植え付けが29日、鹿児島県和泊町(沖永良部島)の農園であった。環境に配慮した農業を推進する町地域環境保全型農業推進委員会が主催して2年目。家族など4組14人が参加。野菜の苗を植え、農業の楽しさや大変さを学んでいた。

 同委員会は2020年9月から、自身の畑やプランターで除草剤や化学肥料、化学合成農薬を使わない、量を減らすなど、基準に基づいて作物を栽培する家庭を募集。3段階で評価し、安全安心な野菜作りの意欲向上を図る「わどまり一坪農園モデル事業」に取り組んでいる。一方、町民から野菜作りをやりたくても畑がない、やり方を知らないなどの声があり、畑を貸して野菜作りに取り組んでもらう同チャレンジ農園を始めた。

 この日用意された苗はピーマン、オクラ、トマト、ナス。参加者は、同委員会の伊村達児会長(52)から植え方のポイントを聞いた後、協力して苗を植え、水をまいた。前日の雨で畑がぬかるんでいたが、参加者は靴を泥だらけにしながら熱心に取り組んでいた。

 家族4人で参加した児童は「楽しかった」と充実した笑顔。兄の小学生は「水やりや草取りを頑張って丈夫に育てたい」、父親は「昨年も参加し、たくさん野菜を収穫することができた。夏は風や病気が心配だが、おいしい野菜が取れるよう家族でしっかり管理していきたい」と張り切っていた。

 収穫は7~8月になる予定で、同委員会の伊村会長は「夏の野菜作りは自然と向き合いながらになる。台風で駄目になるかもしれないが、めげずに取り組んでほしい」と話した。

 チャレンジ農園は秋にも参加募集する。

関連記事

宇部日報社

市長賞に花園自治会、春の花壇コンクール、特別賞や最優秀賞決まる【宇部】

 宇部市春の花壇コンクールの受賞団体が決まり、最高賞の市長賞には東岐波の国道190号沿いの花壇を彩った花園自治会(伊藤昌洋会長)が輝いた。市、市ガーデンシティ緑化運動推進委員会(会長・篠﨑圭二市...

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク