全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ウケユリなど希少種観察 請島で大人の世界遺産講座 瀬戸内町

大山・ミヨチョン岳の雄大な景色を楽しむ受講生ら=30日、瀬戸内町請島

 鹿児島県瀬戸内町(大島郡)の請島で30日、2021年度第1回大人の世界自然遺産講座があった。町水産観光課世界自然遺産せとうち町対策室主催。受講生、スタッフら約30人が参加。「幻の花」と呼ばれる絶滅危惧種のウケユリを観察したほか、標高356メートルの大山・ミヨチョン岳登山にも挑戦し、地元の自然の豊かさや雄大さを体感した。

 瀬戸内町では、子どもを対象に同じテーマの講座を毎年開催している。大人向けの講座は、地元住民にも広く自然保全の取り組みに関心を高めてもらう目的で2019年に初開催し、今回が2年目。講師は環境省奄美野生生物保護センター国立公園保護管理企画官の山根篤大さん、自然観察指導員の國宗弓穂さんらが務めた。

 参加者は、池地公民館で奄美の野生動植物について講義を受けた後、大山中腹のウケユリ自生地に移動。地元のボランティア団体「みのり会」から、ウケユリの保護や管理活動について話を聞いた。

 この後、2班に分かれて登山を開始。道中は講師陣や、みのり会メンバーが山中で観察できる希少なランや昆虫などについて解説した。

「幻の花」と呼ばれるウケユリ=30日、瀬戸内町請島

 ウケユリは同島や奄美大島周辺の島々の限られた岩場などに自生する、純白の花弁と強い芳香を持つユリ科の植物。森林開発による生息環境の悪化などで急速に個体数が減少し、環境省のレッドリストでごく近い将来絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧種1A類」に分類されている。

 この日はウケユリのほか、ナゴラン(絶滅危惧種1B類)やカシノキラン(絶滅危惧種2類)、サクラランなどの季節の花々も見ることができた。参加者は双眼鏡で花を観察したり、カメラやスマートフォンで写真に収めたりしていた。

 ミヨチョン岳頂上には1時間ほどで到着し、一行は雄大な景色を楽しみながら昼食を取った。同町手安の前田紀子さん(75)は「登山はしんどかったが、登ったかいがあった。ウケユリも見られ、山頂で食べる弁当もおいしかった」と笑顔を見せた。

 同対策室の重村一人対策室長(55)は「希少なウケユリの観察もでき、希少種保護の意義や取り組みについて楽しく学んでもらえたと思う。今後も大人を対象に年2、3回実施したい」と話した。

 環境保護と安全のため、大山の入山には町教育委員会への申請とみのり会の同行が必要。

関連記事

荘内日報社

夏山登山者迎えるニッコウキスゲ 月山8合目

 鶴岡市羽黒町の月山8合目付近に広がる弥陀ケ原で、夏の訪れを告げるニッコウキスゲが見頃を迎え、多くの草花と共に登山客の心を癒やしている。  弥陀ケ原は月山の標高約1400メートル地点にある日本有数...

黄金畑に堂々コンバイン 小麦 芽室で早くも収穫開始

 秋まき小麦の収穫が十勝管内で始まっている。今期は春以降、好天に恵まれて全域的に生育が順調。農業者からは「昨年よりさらに早い作業開始」との声も聞かれ、14日も、黄金色に輝く小麦畑をコンバインが...

若雌1類優秀に大海 市畜産共進会 団体賞は下地支部 県上位入賞へ期待込め

 宮古島市畜産共進会(主催・同実行委員会)が13日、JAおきなわ宮古家畜市場で開かれた。3部門に計24頭が出品された。審査の結果、若雌第1類で大海(上野)所有の「たいかいとよひめ」号が優秀賞とJAおきなわ宮...

北羽新報社

金勇で「能代の七夕展」始まる 当番組・萬町組の提灯など展示

 能代市柳町の観光交流施設・旧料亭金勇で13日、同施設の企画展「能代の七夕展」が始まった。8月6、7日に市内で行われる役七夕の当番組を務める萬町(あらまち)組で実際に使われる提灯(ちょうちん)や...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク