全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

サトイモ出荷ピーク 与論町 今期共販263トン計画

サトイモの収穫作業に汗を流す生産者=26日、鹿児島県与論町

 鹿児島県与論町(与論島)で輸送野菜サトイモの出荷がピークを迎えている。JAあまみ与論事業本部では今期共販量263トン(前期実績254トン)、販売額1億5300万円(同1億4000万円)を計画。島内のほ場では生産者が出荷に向けて、サトイモの収穫作業に追われている。出荷は6月まで最盛期が続く。

 与論町のサトイモは「日本一早い新物産地」として、関東、関西をはじめ全国の市場に出荷されている。品種は「石川早生」。与論事業本部によると、2016年3月に選果機を新規導入したことで品質向上が図られ、市場の評価も高まった。

 今期は生産農家約160戸が約30ヘクタールで栽培。2月から出荷を始め、5月26日現在の出荷量は機械選別で80トン、各農家による選別で31トン。12~1月の低温が生育に影響し、出荷が遅れていたが、5月に入って持ち直してきたという。

 同事業本部の担当者は「他産地の出荷量が少ないせいか、価格が安定している。4月の単価は例年より200円高かった。昨年は疫病が入ったが、今年は空梅雨なのか、雨が降らないおかげで病気が入らない一方、単収の減少が懸念される」と話した。

関連記事

長野日報社

萩倉のクラフトビール 田村さんが醸造工場、初出荷 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町萩倉で、かつて同町の酒造会社で蔵人として働いていた田村治男さん(35)=同町東町上=がクラフトビールの醸造を始めた。同地に建てた醸造工場で4月から仕込んできたクラフトビールを5月...

紀伊民報社

濱中氏がGM就任 和歌山FB

 和歌山県田辺市出身の元プロ野球選手で、野球解説者の濱中治氏(43)が23日、さわかみ関西独立リーグに所属する和歌山ファイティングバーズ(FB)のゼネラルマネジャー(GM)に就任した。濱中氏は「...

田植え体験楽しむ 日ハムとコラボ B・Bも参加 田んぼのオーナー事業 厚真

厚真町内で農家の手ほどきを受けながら米作りを体験する2022年度田んぼのオーナー事業「田植え体験」が21日、町内幌内の水田で行われた。同日はプロ野球・日本ハムファイターズの被災地復興支援事業「ふぁ...

荘内日報社

仙台―バンコク再開目指す みちのくインバウンド推進協議会

 東北地方で観光に携わる関係者らで組織する「みちのくインバウンド推進協議会」(熊谷芳則理事長)の本年度総会が23日、酒田市のホテルリッチ&ガーデン酒田で開かれ、事業計画など計5議案を承認。インバウンド...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク