全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

シマグワの魅力PR 沖永良部島・知名町 商店街でキャンペーン

知名町産シマグワの魅力をPRしたキャンペーン=29日、知名町

 鹿児島県知名町の「シマ桑と特産品で主婦の応援キャンペーン」(町農林課主催)は29日、同町で土産や島野菜を販売する「主婦の店」で始まった。店頭で町産シマグワを使った菓子や飲み物を無料提供し、島民にその魅力をPRした。30日まで。

 コロナ禍で厳しい状況が続くシマグワをはじめとした町の特産品PRと商店街活性化を図ろうと初開催した。

 イベントの趣旨に賛同する和泊、知名両町の若者有志が運営スタッフとして協力。店頭で通行人に声を掛け、シマグワを使った「かき氷」「青汁」などを試飲、試食してもらった。新型コロナウイルスや雨天対策としてドライブスルーでの提供もあった。

 イベントの企画、運営に携わった山田祐実さん(30)=和泊町=は「コロナで落ち込んでいる世の中に、このような小さなイベントでも元気を与えられる価値、存在意義があるということを伝えたい」、会場を提供した主婦の店の森照代店長(62)は「シマグワで健康になりながら、商店街活性化を含め島を盛り上げていきたい。皆さんが元気になっていけたら」と思いを話した。

 同イベントは今後も定期的に開催したい考えで、町農林課シマグワ担当の吉田雄輝さん(23)は「コロナの影響で島内での売り上げも落ち、島外へのPRにも行けない状況。まずは島民にシマグワを知ってもらい、SNS(会員制交流サイト)などでの島外発信の足掛かりになれば」と力を込めた。

関連記事

紀伊民報社

みこし担いで海へ 熊野神社の潮掛け神事

 地元で「お熊野さん」として親しまれている和歌山県白浜町才野の熊野神社で13、14日、例大祭が営まれた。コロナ禍の影響で規模を縮小していたため、通常通り営むのは5年ぶり。地域をみこしが練り歩き、...

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク