全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

特産品スモモの選果始まる 奄美大島大和村 30トン以上の生産見込む

29日に始まったスモモの選果作業=大和村湯湾釜

 スモモの一大産地・鹿児島県奄美大島の大和村で29日、選果作業が始まった。村産業振興課によると、村内では30~40トンの生産量を想定しており、出荷作業は6月中旬まで続く見込み。

 2021年産のスモモは気候などの生育条件が整い、過去2年の不作から一転、生産回復が期待されている。小玉傾向で大きさはL、2Lが中心。JAあまみ大島事業本部がまとめた21年産の大和地区の共販計画は12・4トンにとどまったものの「過去2年の不作もあって農家が過少申告している」(村産業振興課)とみて、30トン以上の生産を見込んでいる。

 同村湯湾釜選果場では6月1日からの稼働を予定していたが、今月28日に名瀬中央青果に島内から1㌧を超えるスモモの出荷があったため、村内の生産者から選果場の稼働を求める声があり、稼働時期を前倒しした。

 29日は午後から選果作業を開始。作業員約10人が傷や着色が悪い果実の選別、箱詰め作業に汗を流していた。村産業振興課の郁島武正課長(59)は「選果場の効率化のためにも、生産者は家庭選果を徹底してほしい」と話した。

 6月3日には同選果場で21年産奄美プラム(スモモ)の出発式を予定している。

関連記事

紀伊民報社

みこし担いで海へ 熊野神社の潮掛け神事

 地元で「お熊野さん」として親しまれている和歌山県白浜町才野の熊野神社で13、14日、例大祭が営まれた。コロナ禍の影響で規模を縮小していたため、通常通り営むのは5年ぶり。地域をみこしが練り歩き、...

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク