全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

特産品スモモの選果始まる 奄美大島大和村 30トン以上の生産見込む

29日に始まったスモモの選果作業=大和村湯湾釜

 スモモの一大産地・鹿児島県奄美大島の大和村で29日、選果作業が始まった。村産業振興課によると、村内では30~40トンの生産量を想定しており、出荷作業は6月中旬まで続く見込み。

 2021年産のスモモは気候などの生育条件が整い、過去2年の不作から一転、生産回復が期待されている。小玉傾向で大きさはL、2Lが中心。JAあまみ大島事業本部がまとめた21年産の大和地区の共販計画は12・4トンにとどまったものの「過去2年の不作もあって農家が過少申告している」(村産業振興課)とみて、30トン以上の生産を見込んでいる。

 同村湯湾釜選果場では6月1日からの稼働を予定していたが、今月28日に名瀬中央青果に島内から1㌧を超えるスモモの出荷があったため、村内の生産者から選果場の稼働を求める声があり、稼働時期を前倒しした。

 29日は午後から選果作業を開始。作業員約10人が傷や着色が悪い果実の選別、箱詰め作業に汗を流していた。村産業振興課の郁島武正課長(59)は「選果場の効率化のためにも、生産者は家庭選果を徹底してほしい」と話した。

 6月3日には同選果場で21年産奄美プラム(スモモ)の出発式を予定している。

関連記事

若雌1類優秀に大海 市畜産共進会 団体賞は下地支部 県上位入賞へ期待込め

 宮古島市畜産共進会(主催・同実行委員会)が13日、JAおきなわ宮古家畜市場で開かれた。3部門に計24頭が出品された。審査の結果、若雌第1類で大海(上野)所有の「たいかいとよひめ」号が優秀賞とJAおきなわ宮...

北羽新報社

金勇で「能代の七夕展」始まる 当番組・萬町組の提灯など展示

 能代市柳町の観光交流施設・旧料亭金勇で13日、同施設の企画展「能代の七夕展」が始まった。8月6、7日に市内で行われる役七夕の当番組を務める萬町(あらまち)組で実際に使われる提灯(ちょうちん)や...

岸田首相が矢作ダムなどを視察

 岸田文雄首相はこのほど、豊田市と岐阜県恵那市にまたがる矢作ダムなどを視察した。県が進める「矢作川・豊川CNプロジェクト」について、林全宏副知事らから説明を受けた。  まず、豊田市西山町では...

北羽新報社

コハクチョウ家族が〝定住〟 能代市赤沼の米代川河川敷

 能代市赤沼の米代川河川敷に年中とどまっているコハクチョウの親子がいる。つがいの一方がけがなどのため飛べずにいるのを気遣い、4年ほど前から渡りの季節を過ぎても夫婦そろって残るようになり、2年前...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク