全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

今年最後の大仕事 帯広のそば店にぎわい

大みそかを迎え、大忙しのそば店。次々にそばがゆでられていく(「そば処丸福」で)

 大みそかの31日、帯広市内のそば店には、年越しそばを求める客が次々に訪れ、店内は大忙しとなっている。

 大正9年創業の老舗「そば処丸福」(東1南10、千葉隆一店主)では、10人態勢で午前5時から準備。店内、持ち帰り用合わせて約1000食を用意した。

 午前11時の開店前には既に客が訪れ、店内はそばを食べる人でにぎわった。小上がりの一角には持ち帰り用のセットが所狭しと並べられ、店員は予約客に手渡すなど対応に追われた。千葉店主は「みなさんの幸せを願ってそばを打っている。家でも店の味を楽しんでほしい」と気持ちを込めた。

 例年、持ち帰り用のそばを自宅で食べているという佐藤美智子さん(65)=帯広市=は、夫婦で来店。「今年は札幌に住む子どもたちが帰省しないので、2人で食べに来た。ゆっくりと新年を迎えたい」と笑顔で話した。

関連記事

長野日報社

個性や思いを焙煎で表現 中米産コーヒー専門店オープン 長野県伊那市富県

長野県伊那市富県上新山に中米産コーヒーの専門店「ヤマワラウコーヒーロースター」がオープンした。入江信文さん(38)、春菜さん(32)夫妻が空き家を購入し、焙煎室を併設した小さなカフェに改修。コ...

長野日報社

雪中熟成の純米大吟醸酒「滲」掘り出し 中ア千畳敷 長野県

 「中央アルプス駒ケ岳ロープウェイ」を運行する中央アルプス観光(長野県駒ケ根市)は19日、中ア千畳敷(標高2612メートル)の雪の中で3カ月ほど熟成させた純米大吟醸酒「滲(しん)Shin」の掘り出し...

清見100%のロゼ 今年も 淡いピンクに磨き めむろワイナリー

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(町中美生、尾藤光一代表)の、2023年ビンテージ「たのしむ 清見ロゼ」(1本750ミリリットル、4950円)が完成した。5月1日から販売を開始する。 ...

豚丼「100年フード」へ メニュー刷新やPR強化 プロジェクト始動 帯広..

 帯広物産協会(小倉豊会長)は4月から、十勝のソウルフードとして知られる「豚丼」のPR強化、メニューのリニューアルなどを行う「100年豚丼プロジェクト」に取り組んでいる。豚丼が昨年度、文化庁の「1...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク