全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

10月に城山小100周年記念式典【釧路】

一致協力しての記念事業成功への意欲を見せる小船井会長、坂下実行委員長、佐野校長(右から)

釧路市立城山小学校の開校百周年記念事業協賛会(小船井修一会長)は7月に記念講演、10月に記念式典を同校で行う。同校は1820(大正9)年に釧路第一尋常高等小学校の茂尻矢分教場として開校し、昨年に100周年を迎えていたが、新型コロナウイルス感染拡大のため式典など記念事業を延期。今年、改めて仕切り直し、コロナへの万全な感染対策を講じて開校100周年を祝う予定だ。 

 記念講演は7月20日で時間は現在調整中。釧路市動物園の元園長で同校卒業生の山口良雄氏が、アムールトラのタイガとココアの誕生や命にまつわる講話を行う。記念式典は10月30日の午前10時から行い、児童による開校100周年にちなんだ学習発表も実施する。

 また、記念品として全児童と昨年度の卒業生にドローンで撮影した校舎の写真がプリントされたクリアファイルを寄贈。同校に新調した校旗、運動会などで使う校章旗、優勝旗などを贈る。そのほか、記念誌の製作や開校100周年を特集したPTA広報誌を発行する。

 協賛会では式典に向けポスターを製作。漢数字の百に城の絵を組み合わせたキャラクターやロゴ、スローガン「心と心つないで100年・笑顔かがやく未来へ・城山の子」は児童たちが考案し、校内選考で決定した。

 小船井会長は「釧路市内で尋常小学校から続き、単独で残る唯一の歴史ある小学校の100周年。子供たちや学校のために中身のある事業としたい」と話し、坂下寛幸実行委員長(父母と先生の会会長)、佐野万由里校長らと一致協力しての記念事業成功に強い意欲を見せている。

 協賛会では、同校にゆかりのある企業や卒業生らから寄付を募る。詳細は同校のホームページや協賛会のフェイスブックに掲示する。  問い合わせは協賛会事務局の同校0154(41)1461へ。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク