全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「船中だから学べる行事」 生徒・職員・保護者が協力 伝統の炭焼き体験

炭窯で炭焼き作業を行った生徒ら=4月29日

 【西表】船浦中学校(宮城裕子校長)はこのほど、36年目となる伝統行事・炭焼き体験学習を行った。

 西表の炭焼きの歴史を事前学習した上で、琉球大学熱帯生物圏研究センターほ場で炭材となるモクマオウを保護者や職員とともに伐採した。

 直径20㌢の生木にノコギリを入れ、数人ひと組となって、木が倒れてくる方向に声をかけながら4㌧トラック一杯分を切り出し、学校裏の炭窯へ運んだ。

 長年、炭焼きアドバイザーを務める永田欣也さんの熟練の技巧で、枝を打った木材が隙間無く窯の内部に満たされると、いよいよ生徒たちが楽しみにしている「泥打ち」作業。

 下級生がはだしで赤土を踏み慣らして作った泥団子を、一列に並んで窯の入り口まで手渡し。3年生は永田さんの手元を見ながら塗り込み作業を学んでいた。

 大城昊己さん(3年)は「炭焼きが好きだった。船中だから学べる楽しい行事の一つが終わって少し寂しい」と名残惜しそう。

 仕上げの泥団子投げでは恒例の盛大な泥合戦がスタート。生徒と教師の垣根なく泥を手に追いかけ、顔や背中に塗り合い、無邪気な歓声が飛び交った。

 永田さんは「焼成中に煙突から出る煙にマッチをかざし、何秒で火が着くかでタイミングを見極める」などとこつを説明したが、「これらは経験で計るもの」と話した。先祖の歴史を伝えことに充実感いっぱいの笑顔だった。(西表西部通信員)

関連記事

釧路新聞社

阿寒湖のマリモ 25年度以降保全対策を試行【釧路市】

 国の特別天然記念物「阿寒湖のマリモ」の保護と普及啓発、湖の環境保全や適正利用に取り組む官民団体「阿寒湖のマリモ保全推進委員会」(小林道之会長)は21日、釧路市の阿寒湖まりむ館で2024年度総会を...

釧路新聞社

タンチョウのひな2年ぶり誕生 動物園ですくすく【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は21日、タンチョウのひな1羽が生まれたと発表した。同園での繁殖は2022年以来2年ぶり。  父親のコウ(13年か14年生まれ)と母親のアミ(16年生まれ)が4月9...

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク