全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

胆振東部地震で被災した吉野地区 鎮魂・復興の思い込め サクラの苗木植樹 厚真

2018年9月に発生した胆振東部地震の土砂崩れで19人が犠牲になるなど、大きな被害を受けた厚真町の吉野地区被災現場で15日、植樹会が行われ、住民や遺族ら12人と町内の来賓らでシロヤマザクラの苗木を植えた。町はかつてと同様に、同地区を再び桜が咲き誇る名所にしたい考えだ。

被災現場に寄贈を受けたシロヤマザクラを植樹

 同地区の山は震災以前、エゾヤマザクラが点在。地区名は桜の名所でもある「吉野山」(奈良県)に由来したとも言われ、「吉野桜」と呼ばれて親しまれてきた。しかし、地震による山腹崩壊で桜の木は神社や生活会館と共に押しつぶされてしまった。

 これを受けて、奈良県吉野山の桜の保全活動を続ける「吉野山保勝会」が19年4月、哀悼と鎮魂の思いを込めて町に桜の苗木を寄贈。また、民間企業がインターネットで資金を調達する「クラウドファンディング」で集めた約180万円を町に寄付していた。

 今回、植樹したのは吉野山保勝会から寄贈を受け、町で管理していたシロヤマザクラの苗木5本。参加者は復興への思いを込めて丁寧に植えた。震災前まであった実家が崩壊し、家族を亡くした60代の女性は「吉野はかつて桜がすごくて、そこでよく遊んでいた」と懐かしみ、「早くここをきれいにして元の吉野地区に戻ってほしい。しっかり根付いてほしいという思いを込めて植えさせてもらった」と話していた。

 町は今後、民間企業から受けた寄付を活用し、吉野地区の土地管理を目的にした緑化事業計画の一環として桜の植樹を計画しているという。宮坂尚市朗町長は「いろんな人に楽しんでもらえるように整備するほか、吉野地区の歴史を振り返るような場所にしたい」と構想を語った。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク