全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

環境保護を最優先に 世界遺産勧告受け会見 徳之島3町

3首長が世界自然遺産登録へ向けて基本方針を示した合同記者会見=12日、鹿児島県天城町役場

 国際自然保護連合(IUCN)が、世界自然遺産登録を目指す「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」について、登録適当の勧告を出したことを受け、鹿児島県徳之島の3町は12日、天城町役場で合同記者会見を開き、環境保護を最優先に3町が協力して取り組む基本方針を示した。

 勧告に対しては「これまでの経緯を知る者として大変感慨深く、関係者の努力に敬意を表したい」(大久保明伊仙町長)、「徳之島の宝だった豊かな自然が世界の宝になる」(森田弘光天城町長)などと3首長とも歓迎した。

 勧告とともに示された希少種のロードキル問題に関してはちらし、広告を活用し島民の意識向上を図るほか、看板設置でドライバーへ注意喚起する。夜間の通行規制などより厳格な措置について、高岡秀規徳之島町長は「注意喚起しても防げない場合は必要」と実施の可能性を示した。野生化したネコ(ノネコ)の問題についてもさらに対策を講じる必要があるとした。

 大島郡町村会会長も務める高岡町長は「自然遺産の影響が少ない地域との地域格差が生じないように配慮が必要」と今後の課題を挙げ、対策として「奄美、徳之島だけでなく沖縄、鹿児島とも広く連携して取り組む必要がある」と群島内外との連携の必要性を強調した。

関連記事

釧路新聞社

阿寒湖のマリモ 25年度以降保全対策を試行【釧路市】

 国の特別天然記念物「阿寒湖のマリモ」の保護と普及啓発、湖の環境保全や適正利用に取り組む官民団体「阿寒湖のマリモ保全推進委員会」(小林道之会長)は21日、釧路市の阿寒湖まりむ館で2024年度総会を...

釧路新聞社

タンチョウのひな2年ぶり誕生 動物園ですくすく【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は21日、タンチョウのひな1羽が生まれたと発表した。同園での繁殖は2022年以来2年ぶり。  父親のコウ(13年か14年生まれ)と母親のアミ(16年生まれ)が4月9...

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク