全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「伊那谷ガレット」家庭でも 協議会がキット販売

家庭でガレットを楽しんでほしいと、協議会が販売を始めた「ガレット・キット」。生地を丸くのばす「トンボ」は地域材で作られている=伊那市西町・kurabe

 そば粉を使った料理「ガレット」の提供店でつくる信州伊那谷ガレット協議会は、家庭でも伊那谷ガレットを楽しんでもらおうと、地元産のそば粉とレシピ、生地を丸くのばす道具「トンボ」をセットにした商品「ガレット・キット」の販売を始めた。トンボは地域の間伐材や伐採木を有効活用し、伊那市内の木工業者が手作りする品。ホットプレートやフライパンで気軽に作って味わい、「伊那谷の豊かさを実感して」と呼び掛けている。

 3点セットと、そば粉とレシピだけの2点セットを用意した。ガレット用に挽いたそば粉は300グラム入りで、6人分が作れる。トンボは上伊那のスギやアカマツ、サクラなどを材料に、同市荒井の「やまとわ」が製作。先端が丸みを帯びた棒状のタイプと板状の2種類あり、好みの形や樹種を選べる。

 協議会では、伊那谷ガレットを名物にするためには、家庭に普及させて食文化にする必要があると考えた。キットは地域の林業、農業、飲食業のパッケージとも言え、渡邊竜朗代表は「ガレットを作りながら、伊那谷がまぶたに浮かんでくるような商品にしたかった」と話す。

 上伊那は地形や温度がそばの生育に適し、そば粉も良質で知られるが「辰野町から飯島町、中川村まで、味や性質は地域で異なり、それぞれの良さがある」と協議会。この先、地域別のそば粉キットも作りたいとし「そば粉、ガレットで上伊那を巡れるようになれば」としている。

 価格は3点セットが2500円(税別)、2点セットが800円(同)。伊那市西町の飲食店「kurabe」で販売している。新築された伊那バスターミナル内「ここい~な」にも150グラム入りの2点セットを置いている。

関連記事

荘内日報社

世界の課題と鶴岡の食文化 フーデェヴァーでイベント「パネル展」

 世界の課題と鶴岡の食文化を考えるパネル展が18日から、JR鶴岡駅前の「つるおか食文化市場フーデェヴァー」で始まった。  国連が定めた「持続可能な食文化の日」(6月18日)に合わせて、世界のユネスコ食...

紀伊民報社

「かきまでご飯の素」人気 印南郷土料理を手軽に

 和歌山県印南町の郷土料理、かきまぜご飯を家庭でも簡単に食べられるように具材を密封容器に入れ、5月から販売している「かきまでご飯の素」が人気だ。  印南町では昔から祭りや結婚式など人が集まる時...

県民カレッジが開講 受講生22人、薬膳料理学ぶ

 「やいま 再発見!」をメーンテーマとした2018年度おきなわ県民カレッジ広域学習サービス講座(沖縄県教育委員会主催)が10日、開講した。同日午前、第1回講座「食べる健康 島野菜で長夏のかんたん...

紀伊民報社

生マグロ販売拠点に 勝浦漁港「にぎわい市場」完成

 日本有数の生マグロの水揚げ量を誇る和歌山県那智勝浦町は8日、生マグロなどの販売拠点として整備を進めていた「勝浦漁港にぎわい市場」が完成し、23日にオープンすると発表した。新鮮な生マグロや料理を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク