全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

日本代表・三浦選手ら登場

ミニゲームで子どもたちと触れ合う三浦選手(中)=豊橋市岩田球技場で

PK対決で児童のセーブを見守る鈴木選手=同

 東三河サッカー協会主催の「東三河少年少女サッカーフェスティバル」が28日、今年も豊橋市岩田球技場で開かれ、豊橋市出身で日本代表の三浦弦太選手(22)ら地元出身のプロサッカー選手3人が子どもたちと交流した。  参加したのは、ガンバ大阪のディフェンダー三浦選手と、同所属で豊川市出身のゴールキーパー鈴木椋大(りょうた)選手(23)、豊橋市出身で鹿島アントラーズのミッドフィルダー久保田和音選手(20)。応募者400人以上から抽選で選ばれた東三河のサッカークラブに所属する小学生約130人と触れ合った。  3人はシュートやリフティングなど一流の技術を披露した他、シュートによる的あてやPK対決で笑顔で交流。1~3年と4~6年に分かれて行われたミニゲームでは、3人が双方に交じってボールを追い、子どもたちを鼓舞した。  今月の東アジアE-1選手権で代表デビューを果たし、来年のロシアW杯出場が期待される三浦選手は「試合中はボールを持っていない時も、どこのスペースが空いているかや、どこが危険かを常に考えて」と具体的にアドバイス。久保田選手も「ボールをただ強く蹴るだけでなく、コースを狙うことも大事」と説いた。  最後は記念撮影や抽選会も行われ、3人の直筆サインやユニホームなどのグッズが贈られた。

関連記事

冬、顔出す ニペソツ山初冠雪 上士幌

 17日の十勝管内は平年並みの寒気が北西方面から入ってきた影響で、冷え込んだ。帯広測候所によると、最低気温は上士幌町糠平で氷点下0.4度を記録。東大雪の山には積雪が見られ、冬の到来を感じさせた。 ...

宇部日報社

垂直の庭をライトアップ 臓器移植啓発

 山口市JR新山口駅の南北自由通路に設置されている「垂直の庭」が16日、臓器移植のシンボルカラーの緑色にライトアップされた。やまぐち移植医療推進財団(今村孝子理事長)主催。10月は厚生労働省が提...

釧路新聞社

万一に備えHV車の救助訓練/釧路市消防本部

 いざという時に備え、釧路市消防本部で16日、高電圧バッテリーを搭載したハイブリッド車(HV)の救助活動時の注意点などを学ぶ研修が行われた。ガソリン車、HV車を比較しながら、車両の一部を実際に解...

故郷の歌と踊り楽しむ 在沖白保郷友会が道遊び

 【浦添】在沖白保郷友会(米盛守会長)の「道遊び」が13日、浦添市てだこホール広場で行われ、大勢の郷友とその家族らが故郷の歌や踊りを楽しみながら交流した。  在沖八重山郷友会連合会の半嶺当友会...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク