全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

日本代表・三浦選手ら登場

ミニゲームで子どもたちと触れ合う三浦選手(中)=豊橋市岩田球技場で

PK対決で児童のセーブを見守る鈴木選手=同

 東三河サッカー協会主催の「東三河少年少女サッカーフェスティバル」が28日、今年も豊橋市岩田球技場で開かれ、豊橋市出身で日本代表の三浦弦太選手(22)ら地元出身のプロサッカー選手3人が子どもたちと交流した。  参加したのは、ガンバ大阪のディフェンダー三浦選手と、同所属で豊川市出身のゴールキーパー鈴木椋大(りょうた)選手(23)、豊橋市出身で鹿島アントラーズのミッドフィルダー久保田和音選手(20)。応募者400人以上から抽選で選ばれた東三河のサッカークラブに所属する小学生約130人と触れ合った。  3人はシュートやリフティングなど一流の技術を披露した他、シュートによる的あてやPK対決で笑顔で交流。1~3年と4~6年に分かれて行われたミニゲームでは、3人が双方に交じってボールを追い、子どもたちを鼓舞した。  今月の東アジアE-1選手権で代表デビューを果たし、来年のロシアW杯出場が期待される三浦選手は「試合中はボールを持っていない時も、どこのスペースが空いているかや、どこが危険かを常に考えて」と具体的にアドバイス。久保田選手も「ボールをただ強く蹴るだけでなく、コースを狙うことも大事」と説いた。  最後は記念撮影や抽選会も行われ、3人の直筆サインやユニホームなどのグッズが贈られた。

関連記事

長野日報社

鮮やか二度咲きヤマツツジ 伊那市西春近のかんてんぱぱガーデン

伊那市西春近のかんてんぱぱガーデンで、春と秋の二季にわたって咲くヤマツツジが見頃を迎えた。展示ホール近くに植わる1株が鮮やかな朱色の花を付け、地域の人たちの目を楽しませている。 ヤマツツジ...

荘内日報社

プロと一緒に撮影 仙台の中学生が時代劇の映画づくり体験

 鶴岡市羽黒町川代のスタジオセディック庄内オープンセットに17日、仙台市立長命ケ丘中学校(長沼致弘校長)の2年生63人が校外活動で訪れ、名作の数々が生み出されたセットを使った時代劇の映画づくりを体験した...

紀伊民報社

県文化財指定を検討 安居の暗渠(あんきょ)

 和歌山県教育委員会は、白浜町の日置川沿いにある「安居の暗渠(あんきょ)」と水路について、県文化財指定を検討すると明らかにした。貴重な存在と評価し、保存や活用の方法も併せて考える。  17日の...

ガチャ440種 道東最大級 イオン帯広にオープン

 トーシン(帯広市、宮本達也社長)は18日、イオン帯広店(帯広市西4南20)2階に、カプセル入り玩具「ガチャガチャ」が400種類以上並ぶショップ「#C-pla(シープラ)」をオープンさせた。同...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク