全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紫竹昭葉さん死去 紫竹ガーデン社長 94歳 帯広

紫竹昭葉さん

 「紫竹ガーデン 遊華」(帯広市美栄町)の社長で、「紫竹のおばあちゃん」として慕われた紫竹昭葉(しちく・あきよ、本名=昭代)さんが4日午前10時19分、帯広市内の自宅で死去した。94歳だった。死因は大動脈瘤(りゅう)破裂。

 紫竹さんは1927年、帯広生まれ。父は宮坂建設工業(帯広市)創業者で、帯広商工会議所会頭も務めた宮坂寿美雄氏。帯広高等女学校(現帯広三条高校)卒。

 63歳のときに「野の花が自由に咲く庭園を」と庭造りを開始し、92年に紫竹ガーデンをオープンさせた。同ガーデンは北海道・十勝を代表する観光庭園に成長、北海道ガーデン街道の中核を担っている。

 花柄の帽子・服がトレードマークで、愛らしい姿が好感を呼び、マスコミでたびたび紹介された。2018年、北海道150年特別功労賞を受賞。

 紫竹さんは今季も、開園後のガーデンに元気な姿を見せていた。遺族によると4日も午後から、親族と一緒にガーデンに顔を出す予定だった。

 通夜は6日午後6時、葬儀は7日午前10時から、公益社中央斎場(帯広市西12南29)で開く。喪主は娘婿の隈本毅さん。後日、お別れの会を開く。

花に囲まれ人に愛され
 「紫竹のおばあちゃん」として慕われ、4日に亡くなった紫竹ガーデン(帯広市美栄町)社長の紫竹昭葉(しちく・あきよ、本名・昭代)さん(享年94)。夫の死を機に「野の花が自由に咲く庭園を」と1992年に同ガーデンをオープンさせ、北海道・十勝を代表する観光庭園へと育て上げた。親交のあった関係者からは惜しむ声が上がっている。

シーズン中は毎日、ガーデンの草花の世話に明け暮れた紫竹さん

 紫竹さんの長女でガーデンの取締役専務を務める隈本和葉さん(73)は「おばあちゃんはたくさんの人に愛され、本当に幸せだったと思う」と振り返った。

 紫竹さんは4日、朝6時ごろに起床し、入浴を済ませた。その後、花が生い茂る自宅庭で種をまくなど作業をしていたところ、倒れたという。4日は管外から親戚が訪れ、午後からガーデンを訪れる予定だった。

 紫竹さんは生前、「花畑の中で、花に囲まれて死にたい」と話していたという。隈本さんは「本当にその通りになった。安らかに最期を迎えた」と涙ぐんだ。

 同ガーデンは、全国から年間約10万人の観光客が訪れ、北海道ガーデン街道の中核を担っている。

 「たくさんのお客さまに、花を見て喜んでほしい」-。花以上に人が好きだったという紫竹さん。隈本さんは「やりたいことは絶対に諦めずにやり通す。私も母のような人になりたい」と静かに話した。

優しい先駆者 惜しむ声
 JA帯広かわにしの有塚利宣組合長は「苦楽もともに知る長年の友が、また一人旅立ってしまった」と肩を落とす。有塚さんは紫竹ガーデン開園(1992年)前から、さままざまなことに奔走する紫竹さんの苦労を知る一人だ。「当時は観光農業は認められない形。60歳を過ぎてから、農業者として土地を取得したり…ね」と振り返る。

 ガーデンは北海道・十勝を代表する観光庭園に成長。「地道に草花を植え続け、紫竹さんが心血を注ぎ続けたたまもの」と話す。

 「50年来の仲」で思い出は尽きない。紫竹さんの亡きがらとも対面したという。「非常に残念。今はただ、安らかに」と言葉少なに話す。

 元帯広市長の田本憲吾さん(91)は、かつて所属していた帯広青年会議所の関係で、紫竹さんの夫勲さん(故人)と親交があり、50年ほど前に紫竹さんに出会った。「女性が全く違う分野の農業に入って大変な苦労をしたと思うが、自分の思った道を進み、立派に事業を成し遂げた」とたたえた。ガーデンは市の観光振興にも寄与し、「たくさんの人が帯広に来てくれるようになった」と感謝した。

 北海道ガーデン街道協議会の林克彦名誉会長は「ガーデン街道立ち上げ以前からつながりがあり、精神的な支柱だった。誰に対しても優しく平等な方で、ガーデナーとしてだけでなく、高齢の女性がチャレンジする姿に周囲の人が勇気をもらっていた」と悼んだ。

 2008年から大森康雄社長(67)とともに大森ガーデン(広尾町紋別14線)を営む大森敬子専務(67)は「20年ほど前から交流させてもらっているが、昭葉さんは十勝のガーデンの先駆者。おごらず親しみやすい人柄で、見習いたいと思っていた。ガーデンは訪れた人が幸せを感じ、それを持ち帰って広げる場だと考えているが、昭葉さん自身がそんな存在だった。優しい幸せの心を配ってくれていた」と話した。

 紫竹ガーデンは花を生かした地域観光への貢献が評価され、05年に日本観光協会の花の観光地づくり大賞を受賞。紫竹さんは18年に北海道150年特別功労賞を受けた。

 ガーデンの設計を担当した園芸文化協会常務の奥峰子さん(東京)は、企業単位ではなく6ヘクタールもの庭を整備して公開し、オープンガーデンとしては国内でも先駆け的な存在だったと評価する。「好きな花を自然な形で手入れして、そこにいるだけで気持ちよい『おばあちゃんの庭』を造った。何度も行って会いたくなるのは紫竹さんならでは」と話し、国内外にファンを持つ魅力を語った。

関連記事

渡り途中に一休み ベニバト飛来 市内

 国内で見られるハトの仲間で最も小さいベニバトの群れが22日、石垣市内の田んぼで観察された。  ベニバトは、体長約23㌢で八重山に留鳥として生息する国の天然記念物のキンバト(全長25㌢)より小さい...

釧路新聞社

屋内遊戯施設、愛称「わんぱーく」に【根室】

  今冬オープン予定の屋内遊戯施設の愛称が決まった。愛称公募には31点の応募があり、中から北斗小学校3年の高井壮琉(そる)君(8)の「子供たちが『わんぱく』に遊べる『公園』(PARK・パーク)」を...

長野日報社

長野県諏訪市にアサギマダラ飛来の名所を フジバカマの花畑づくり3年

 諏訪市四賀普門寺の白狐公園横の畑にアサギマダラが飛来する花畑をつくる取り組みが行われている。国内外でチョウの採集をしているチョウ愛好家の伊藤春行さん(67)=同市中洲下金子=の呼び掛けで3年前...

荘内日報社

野球好きの女子集まれー!!(酒田ビクトリーガールズ)スポ少で育ち中学でも続..

 酒田地区野球連盟(池田藤悦会長)は、酒田、遊佐両市町の女子中学生を対象にした軟式野球チーム「酒田ビクトリーガールズ」を立ち上げ25日午後、同市の旧酒田工業高グラウンドで初練習を行った。県内の連盟と...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク