全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「自分の天職」作文コンに

専門教育高校生作文「全国一」の賞状を手にする富永さん=東愛知新聞社で

 豊丘高校生活文化科3年の富永瑞希さん(18)が今夏、保育士になって特技のピアノを生かしたい-とつづった作品を今年度「専門高校生徒の作文コンクール」(産業教育振興中央会・経済同友会共催)へ応募し、見事最優秀賞に輝いた。ベートベンやショパンの曲を弾くのが好きで、豊橋初の幕内力士だった山分親方(武雄山)の姪に当たる富永さん。叔父と同じく押しの一手(?)で、明るい未来を拓いていく。  『スキルアップの実践から切り開いた未来』と題を付けたこの作文は、専門教育学科の生徒を対象にする同コンクールで、応募356点の中から第1席に選ばれた。中学時のばく然とした“保育士になりたい”という思いが、生活文化科のカリキュラムを通し「自分の天職だ」と確信に至るまで、心の動きなど記した内容。特に児童発達支援センター(豊橋あゆみ学園)で実習した時の記述は、「障害を背負いながらも必死で生きている光景が広がり、緊迫感が重くのしかかってきました」などと克明に描写。その重苦しい状況を救ったのは、ピアノの演奏だった。  「フロアで先生がピアノを弾きながら歌い始めると、一瞬にして子ども達の行動や表情に大きな変化がありました。言葉を発することのできない子ども達がリズムに乗って体を揺らしたり、満面の笑顔で音にならない手拍子の動作を繰り返したり」と記した富永さん。この経験を機に、保育現場でも音楽療育のウエイトが高いことが分かり、自分の目指す保育士像が具体的なものになったという。  東愛知新聞社を訪れた富永さんは、来春、音楽療法士資格が取れる愛知文教女子短大(稲沢市)に推薦入学することを明かした。「障害を持つ子らの可能性を引き出すような保育がしたい」。明るく純粋な夢を語っていた。

関連記事

紀伊民報社

ビーチラグビー開幕 44チームが熱戦

 和歌山県白浜町の白良浜海水浴場で25日、第25回ビーチラグビー白浜大会(実行委員会など主催)が開幕した。新型コロナの影響で中止していたため、3年ぶりの開催となる。10都府県から3部門に計44チ...

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

「感じる」企画 祭典彩る ガーデンフェスタ北海道、来月24日まで 苫小牧で..

第39回全国都市緑化北海道フェア(ガーデンフェスタ北海道2022)が開幕した25日、苫小牧市の協賛会場である出光カルチャーパーク(末広町)でオープニングセレモニーが行われた。7月24日までの期間中...

インバウンドは「店長」におまかせ ハニフさん着任 道の駅うらほろ

 道の駅うらほろ(浦幌町北町16、国道38号沿い)に4月から、マレーシア人のイザハ・ハニフさん(28)が「店長」として勤務している。指定管理者の道の駅うらほろ直売会によると、2009年の開業以来、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク