全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

市のイメージキャラクター「チョーコクン」に注目

話題の縫いぐるみを持つ市職員(市役所で)

 宇部市民になじみ深い市のイメージキャラクター「チョーコクン」が、注目を集めている。市出身で3月末にふるさと大使に任命された音楽ユニットYOASOBIのコンポーザー、ayaseさん(27)が、今月14日に出演したラジオ番組やツイッターで取り上げたのがきっかけ。ファンを中心に、縫いぐるみを買い求める人が続出している。    縫いぐるみは大小2サイズあり、人気は小サイズの「ゆるチョーコクン」。ayaseさんらが持った写真がツイッターに投稿されると、市地域ブランド推進課が管理する販売サイト「うべわくわく市場」の注文が増え、28日現在20個が売れた。    製造・販売元のやなぎだ(柳田英治社長、西梶返3丁目)が店頭販売している「万栄」、山口宇部空港内の「やなぎだ」、ときわ動物園内の「TOKIWA ZOOべニア館」でも売れ行きが好調という。    ゆるチョーコクンを考案したのは、現UBEビエンナーレ推進課係長の古谷次郎さん。約5年前、部署内のコミュニケーションにとイラストを使ったのが始まりだった。市制90周年に生まれたキャラクターが、同100周年と野外彫刻60周年の節目にも注目されていることを喜び「SNSでayaseさんや星野源さんと一緒にいる写真を見て、驚いた。コロナ禍で着ぐるみでのPR活動が難しい中、縫いぐるみが活躍してくれると期待したい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

「イノブターダービー」中止 飼育数減少が影響

 和歌山県すさみ町のすさみ海水浴場で毎年5月3日に開かれている「イノブータン王国建国祭」の名物イベント「イノブタダービー」が、今年は中止されることが分かった。主催の実行委員会は「イノブタの飼育数...

マンガリッツァ豚と旬のアスパラ 幕別の味、一緒に食べて

 幕別町内で生産される「十勝ロイヤルマンガリッツァ豚」と北王農林(藤原壽美社長)の旬のアスパラガスのコラボ商品が4月末まで、オンラインショップで販売されている。  マンガリッツァ豚は、ハンガ...

荘内日報社

「SVリーグ」に参入決定!! “世界最高峰”目指し新設「ファンと共に戦う」 ラ..

 ジャパンバレーボールリーグ(JVL)は17日、都内で会見を開き、10月に開幕するトップリーグ「大同生命SVリーグ」男女のリーグ編成を発表した。先にSVクラブライセンスの交付を受けていた、酒田市を拠点...

宇部日報社

市が新たに電動自転車20台導入 シェアサイクル実証事業 観光客の需要を見..

 山口市は15日、2020年から行っているシェアサイクル実証事業で、新たに電動自転車20台を導入した。市民からの要望に加え、米有力紙の特集「今年行くべき旅行地52選」に選ばれたこともあり、国内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク