全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

庄内空港供用開始30周年記念 「おいしい翼のマルシェ」開幕

 酒田市の庄内空港は1991年、全日本空輸(ANA)の就航によって供用が始まり今秋、30周年の節目を迎える。これを記念し庄内空港ビル(同市、山下高明社長)など3社は、国内の名産品・グルメを取りそろえた月替わりの物産展「おいしい翼のマルシェ2021」を年間を通し空港ビル1階で実施。第1弾として29日、「東京展」が開幕し早速、旅行気分を味わおうという市民が訪れ、品定めする姿が見られた。

 庄内空港ビル、ANAあきんど(旧ANAセールス、東京都中央区、高橋誠一社長)、空港内ギフトショップを運営するANA FESTA(東京都大田区、鈴木裕二社長)が地元の人たちに感謝の気持ちを伝えるとともに、コロナ禍で外出もままならない状況下、空港で少しでも旅行気分を味わってもらおうと企画した。

 奇数月が全国各地の名産品を集めた地域物産展。東京を皮切りに沖縄(7月)、北海道(9月)、九州(11月)、西日本(来年1月)を予定。偶数月は全国のグルメを紹介する「全国の〇〇大集合」で、カレーライス(6月)、ラーメン(10月)などラインアップ。

 「東京展」では、空港ビル1階の特設会場に銘菓を中心に30種余がずらりと並び、訪れた人たちは品定めをしながら買い求めていた。マルシェ店長を務める伊藤真由美ANA FESTA庄内店長は「旅行に行きたくても行けない状況が続く中、『ご当地物』で行った気分を味わってほしい」と話した。「東京展」は5月5日(水)まで。

節目記念の「翼のマルシェ」が開幕。初日午前から大勢が訪れた

関連記事

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

清見100%のロゼ 今年も 淡いピンクに磨き めむろワイナリー

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(町中美生、尾藤光一代表)の、2023年ビンテージ「たのしむ 清見ロゼ」(1本750ミリリットル、4950円)が完成した。5月1日から販売を開始する。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク