全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

庄内空港供用開始30周年記念 「おいしい翼のマルシェ」開幕

 酒田市の庄内空港は1991年、全日本空輸(ANA)の就航によって供用が始まり今秋、30周年の節目を迎える。これを記念し庄内空港ビル(同市、山下高明社長)など3社は、国内の名産品・グルメを取りそろえた月替わりの物産展「おいしい翼のマルシェ2021」を年間を通し空港ビル1階で実施。第1弾として29日、「東京展」が開幕し早速、旅行気分を味わおうという市民が訪れ、品定めする姿が見られた。

 庄内空港ビル、ANAあきんど(旧ANAセールス、東京都中央区、高橋誠一社長)、空港内ギフトショップを運営するANA FESTA(東京都大田区、鈴木裕二社長)が地元の人たちに感謝の気持ちを伝えるとともに、コロナ禍で外出もままならない状況下、空港で少しでも旅行気分を味わってもらおうと企画した。

 奇数月が全国各地の名産品を集めた地域物産展。東京を皮切りに沖縄(7月)、北海道(9月)、九州(11月)、西日本(来年1月)を予定。偶数月は全国のグルメを紹介する「全国の〇〇大集合」で、カレーライス(6月)、ラーメン(10月)などラインアップ。

 「東京展」では、空港ビル1階の特設会場に銘菓を中心に30種余がずらりと並び、訪れた人たちは品定めをしながら買い求めていた。マルシェ店長を務める伊藤真由美ANA FESTA庄内店長は「旅行に行きたくても行けない状況が続く中、『ご当地物』で行った気分を味わってほしい」と話した。「東京展」は5月5日(水)まで。

節目記念の「翼のマルシェ」が開幕。初日午前から大勢が訪れた

関連記事

長野日報社

萩倉のクラフトビール 田村さんが醸造工場、初出荷 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町萩倉で、かつて同町の酒造会社で蔵人として働いていた田村治男さん(35)=同町東町上=がクラフトビールの醸造を始めた。同地に建てた醸造工場で4月から仕込んできたクラフトビールを5月...

紀伊民報社

濱中氏がGM就任 和歌山FB

 和歌山県田辺市出身の元プロ野球選手で、野球解説者の濱中治氏(43)が23日、さわかみ関西独立リーグに所属する和歌山ファイティングバーズ(FB)のゼネラルマネジャー(GM)に就任した。濱中氏は「...

田植え体験楽しむ 日ハムとコラボ B・Bも参加 田んぼのオーナー事業 厚真

厚真町内で農家の手ほどきを受けながら米作りを体験する2022年度田んぼのオーナー事業「田植え体験」が21日、町内幌内の水田で行われた。同日はプロ野球・日本ハムファイターズの被災地復興支援事業「ふぁ...

荘内日報社

仙台―バンコク再開目指す みちのくインバウンド推進協議会

 東北地方で観光に携わる関係者らで組織する「みちのくインバウンド推進協議会」(熊谷芳則理事長)の本年度総会が23日、酒田市のホテルリッチ&ガーデン酒田で開かれ、事業計画など計5議案を承認。インバウンド...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク