全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ウミガメ産卵、今年初確認 沖永良部島、2年前上陸の個体と判明

沖永良部島で今年初確認されたウミガメの産卵=26日朝、鹿児島県知名町(沖永良部島ウミガメネットワーク提供)

 鹿児島県沖永良部島・知名町住吉の海岸で26日早朝、ウミガメの産卵が確認された。島内では今年初めての確認。同集落の今榮輝久さん(68)からの通報を受け、島内の上陸調査をしているボランティア団体「沖永良部島ウミガメネットワーク」(山下芳也代表)や同町の調査を担う町の担当者、一般社団法人「えらぶ手帖」(かまゆきみ代表理事)らが海岸で足跡や産卵場所などを調べた。

 沖永良部島ウミガメネットワークによると、同島では毎年4月末~10月にウミガメが産卵のために上陸する。昨年の年間上陸頭数は224頭だった。この日上陸が確認された個体はアカウミガメで甲長約80センチ。足に調査のためのタグが取り付けられていたため、2年前、和泊町畦布のワンジョビーチにも上陸した個体であることが分かったという。

 上陸調査は今年度から、和泊、知名両町に移管することが決まっており、この日は引き継ぎを兼ね、山下代表が現地で足跡の見分け方や島内の上陸状況などを講義した。

 かま代表理事は「ウミガメが産卵しているのは島の海の豊かさの象徴だと思う。それを守っていく気持ちで協力していきたい。今年度を通して、地域住民や子どもたちが産卵をチェックし、保護活動に参加する仕組みもつくっていきたい」と話した。

関連記事

調理法、地元漁師に学ぶ 児童ら刺し網体験で大漁 白浜・船浮小合同

 【西表】白浜小学校(長遠順二校長)・船浮小学校(中山盛延校長)合同の海洋教育「白浜の刺し網漁体験」が15日、行われた。地元の漁師、下地鮮魚店の下地勲さん・秀太さん親子が協力した。  朝、学校...

長野日報社

萩倉のクラフトビール 田村さんが醸造工場、初出荷 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町萩倉で、かつて同町の酒造会社で蔵人として働いていた田村治男さん(35)=同町東町上=がクラフトビールの醸造を始めた。同地に建てた醸造工場で4月から仕込んできたクラフトビールを5月...

紀伊民報社

濱中氏がGM就任 和歌山FB

 和歌山県田辺市出身の元プロ野球選手で、野球解説者の濱中治氏(43)が23日、さわかみ関西独立リーグに所属する和歌山ファイティングバーズ(FB)のゼネラルマネジャー(GM)に就任した。濱中氏は「...

田植え体験楽しむ 日ハムとコラボ B・Bも参加 田んぼのオーナー事業 厚真

厚真町内で農家の手ほどきを受けながら米作りを体験する2022年度田んぼのオーナー事業「田植え体験」が21日、町内幌内の水田で行われた。同日はプロ野球・日本ハムファイターズの被災地復興支援事業「ふぁ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク