全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

募金活動への協力要請 西大舛町長「支援する」 忘勿石之碑修復期成会

西大舛髙旬町長へ建立事業の募金趣意書を手渡す内原勲会長(右2人目)=28日午後、竹富町役場仮庁舎町長室

 忘勿石之碑修復・波照間島戦争マラリア犠牲者戦没者慰霊之碑建立期成会の内原勲会長らが28日、竹富町役場仮庁舎を訪れ、台風で破損した西表南風見田の忘勿石之碑の修復と波照間島の戦争マラリア犠牲者戦没者の慰霊碑の建立のための募金活動への協力を要請した。西大舛髙旬町長は「なくてはならない碑だ。一日も早い修復と建立を目指して町も支援していきたい」と応じた。

 忘勿石之碑は1992年に建立。戦争マラリア犠牲者の遺族や関係者による慰霊祭をはじめ、町内や石垣市内、本土から修学旅行で訪れた児童生徒たちの平和教育の拠点としても活用されている。

 同碑は2019年の台風18号により、碑前面の犠牲者の名前などが書かれた銘板が剝がれ落ちた。

 同会は、南風見田の碑の修復のほか、軍命で波照間島から強制疎開させられ同所でマラリアの犠牲になった人を慰霊する碑の建立も計画する。募金の目標額は1000万円。内外から寄付金を募るとともにクラウドファンディングも活用する。

 内原会長は「戦争マラリアの悲惨な歴史を語り継ぎ、病没した人々の霊を供養し、識名校長の遺徳をしのんで平和創造への礎とするため完全修復をしたい」と協力を訴えた。

関連記事

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク