全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

常盤公園のコブハクチョウが抱卵中

抱卵中のクリーム(提供)

 宇部市は27日、常盤公園で飼育するコブハクチョウのクリーム(雌)が抱卵中と発表した。順調に進み、有精卵であればゴールデンウイーク期間中にも、ひなが誕生する見通し。    クリームとペアのボス(雄)は、2019年10月に兵庫県の神戸どうぶつ王国から来園した。今年3月に繁殖行動が確認され、同16~29日の間に合わせて5個を産卵。同27日から本格的な抱卵が始まった。    クリームは昨夏にも卵を産み7月1日にふ化したものの、2日後にひなが巣箱から落ちて死んでしまった。今回無事に育てば同園では2010年以来、11年ぶりとなる。    ペアは現在、常盤湖そばにある屋内施設で飼育。担当飼育員の高司佳秀さんによると、巣箱を囲むように板を張り付け、生まれた後もひなが転げ落ちないよう工夫した。当面はふ化に向けた親鳥の抱卵を促すため、観察や検卵を控えるなど静かに状況を見守っていくことにしている。    高病原性鳥インフルエンザの影響で常盤湖のハクチョウ類322羽とカモ14羽が殺処分されてから今年2月10日で10年たった。市では鳥インフル対応マニュアルを作成し、17年5月にハクチョウの飼育を再開。現在はコブハクチョウ4羽、コクチョウ1羽の計5羽がいる。    市ときわ公園企画課の東原隆課長は「市のシンボルでもあるハクチョウのひなの姿を再び見られるということになれば、一市民としても大変喜ばしい。11月の市制100周年を前に無事に生まれ育ち、コロナ禍でつらい思いをしている方々の希望となれば」と願った。

関連記事

紀伊民報社

シャクナゲ咲く 和歌山・印南の川又観音

 和歌山県印南町川又にある川又観音周辺でシャクナゲ(ツツジ科)が見頃を迎えており、参拝者や写真愛好者が山中に映える鮮やかな花を楽しんでいる。  同町の山間部にある厄よけで知られる観音で、シャクナ...

障害者の芸術イベント アール・ブリュット、苫小牧の2人も活躍

苫小牧市文化会館で3月に開かれた芸術イベント「アール・ブリュットin苫小牧2024」(苫小牧の文化と福祉を考える会主催)では、市内在住のアーティスト2人も活躍した。迷路作家の村川信也さん(50)と...

荘内日報社

プロジェクションマッピング鮮やかに 鶴岡・致道博物館重文「旧西田川郡役所」..

 鶴岡市の致道博物館(酒井忠順館長)にある国指定重要文化財「旧西田川郡役所」のリニューアルオープンを前に19日夜、クラウドファンディング(CF)の協力者を対象にした特別内覧とプロジェクションマッピン...

道の駅おとふけ来場128万人 2年目も好調

 音更町内の「道の駅おとふけ」(なつぞら2、愛称・なつぞらのふる里)が、15日に新築移転オープンから丸2年となった。2年目は、年間来場者数が128万2896人(対前年比14.9%減)で、開業初年(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク