全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

今年最初、8演目披露 与論十五夜踊、五穀豊穣など祈願

奉納された今年最初の与論十五夜踊=26日、鹿児島県与論町の地主神社

 旧暦の3月15日に当たる26日、鹿児島県与論町(与論島)の地主神社で今年最初の「与論十五夜踊」が奉納された。新型コロナウイルス対策で規模を縮小して開催。大和風の影響を受けた一番組と琉球・奄美風の二番組が交互に踊りを披露し、五穀豊穣(ほうじょう)などを祈願した。

 与論十五夜踊は旧暦の3、8、10月の各15日に奉納される。1561(永禄4)年に当時の与論領主が、島内・琉球・大和の芸能を学ばせ、一つの芸能にまとめあげたものとされ、文化交流の歴史をしのばせる貴重な芸能として国の重要無形民俗文化財に指定されている。

 この日は両組合同の「雨賜り」から始まり、二番組の「一度いふて」、一番組の寸劇「三者囃子」、二番組の「今日のふくらしゃ」など8演目が披露された。

関連記事

紀伊民報社

子ども食堂を全小学校区に 今後3年間で目指す

 和歌山県は本年度から3年間で、県内全ての小学校区に「子ども食堂」の設置を目指す。岸本周平知事が知事選で公約に掲げていた施策。「どこにも子供食堂プラン」と位置付け、運営団体への補助費用4千万円を...

宇部日報社

「父の日」にバラを 香川高華道部などが県産品PR【山口】

 18日の「父の日」にバラを贈る習慣を広めようと、県花卉(かき)園芸推進協議会(星井榮仁会長)などは5日、村岡嗣政知事を表敬訪問した。宇部フロンティア大付属香川高華道部(松本莉央部長)の4人も...

穂別地区でサポート交通実証実験 住民有志が運行 むかわ

むかわ町は、穂別地区の住民の買い物や移動を助けるサポート交通の実証実験を行っている。住民有志がボランティアで高齢者らを自家用車に乗せ、目的地まで送迎する。今年度中に地域公共交通計画の策定を目指す町...

荘内日報社

飛島 海洋ごみロボット搬送実験 車入れない遊歩道で活躍 一定の手応え 実装へ..

 5月27日に酒田市飛島の荒崎海岸で行われた「飛島クリーンアップ作戦」の際、合同会社とびしま(同市飛島)、石井製作所(同市京田四丁目)などが開発を進める「海ごみロボット」による搬送実験が行われた。コン...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク