全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

苫東小の旧校舎ビオトープ閉鎖へ、 「自然学ぶ場」惜しむ声、新校舎で記録展示

苫小牧東小の旧校舎(苫小牧市旭町3)の中庭にあったビオトープ(生物の生息空間)が、7月からの校舎解体に伴い閉鎖される。100種類を超える生き物が生息する、市内の小学校では唯一のビオトープ。昨年8月に移転した新校舎(旭町1)で記録掲示が行われており、児童たちからも「寂しい」「自然や生物について学べる場所だった」と惜しむ声が上がる。

昼休みにビオトープを観察する子どもたち=2014年

 同校は2004年、環境への興味や関心を高めてもらおうと「まちのなかの勇払原野」を合言葉に、ビオトープ(540平方メートル)の整備を開始した。

 湧き水を活用した池にはウグイやドジョウ、ヨコエビが泳ぎ、エゾタンポポ、ハスカップなど多数の植物が生息。14年には全国学校・園庭ビオトープコンクールで、日本生態系協会賞を受賞した。

 校舎の老朽化などで学校の移転が決まった際は、地域から存続を求める声も上がったが湧き水を使っているため、移転は難しく断念。トミヨやギンブナなど一部の魚は、新校舎の水槽で飼育を続けている。

 新校舎では、これまでに発行してきたビオトープの四季折々の草花、生物の様子を伝える通信「ビオトープだより」や写真を3月から掲示。河毛幸至教頭(49)は「1年生たちにも、学校の歴史を知ってもらいたい」と話す。

 6年生の嶋岡優希斗君(11)は「ビオトープで見つけた虫の名前を本で調べたこともある。好きな場所だった」と熱心に掲示物を見詰めていた。疋田こころさん(11)も「池に手を入れて、エビを触った。手が汚れても楽しかった」と懐かしむ。

 旧校舎は7月から来年2月ごろにかけて解体され、跡地は26年に利用開始予定の新複合施設「市民ホール(仮称)」の用地となる。市は、ビオトープの水源や既存の街路樹など緑地を生かした屋外空間「オープンスペース」の整備を建設事業者に発注する方針だ。

関連記事

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

ヤドリ浜で海開き 奄美大島瀬戸内町 地元高校生らも海岸清掃

 鹿児島県瀬戸内町蘇刈のヤドリ浜で13日、奄美せとうち観光協会主催の海開き神事が行われた。同協会マリンレジャー連絡会関係者や奄美せとうち海っ子クラブ所属の高校生ら約40人が参列し、海の安全を祈願...

21日に新昌寺で鳥居強右衛門の450回忌法要

 1575年にあった「長篠・設楽原の戦い」で長篠城を守ろうと奔走した足軽鳥居強右衛門(とりいすねえもん)の450回忌法要が、墓のある新城市有海の「新昌寺」で21日に営まれる。  強右衛門は長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク