全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ふん尿活用 寄付講座 3年間で1億円 産学共同事業 帯広畜産大

 バイオガスプラントで生じる「消化液」の有効活用などに取り組む、産学の共同事業体「バイオエイト・プラス1」の連絡会議(座長=川田章博・川田工業社長)が26日、帯広経済センタービルで開かれた=写真=。構成メンバーの帯広畜産大は4月に、企業による寄付講座「資源循環環境学講座」を開設したと報告した。

 連絡会議は非公開で行われた。講座は家畜ふん尿の処理・有効活用などの課題解決、循環型農畜産業の実現に向けた研究を展開する。産学連携センター内に設け、同センターの大庭潔特任教授を配置、環境農学研究部門で1人を採用する予定。設置期間は24年3月までの3年間、研究費は1億円とする。

 川田座長は「十勝のバイオガスプラントが安心して稼働できるよう尽力したい」と強調。帯広畜産大の奥田潔学長は「十勝の農業や経済の持続的発展のため、科学・ビジネスの両面から課題解決に取り組む」と述べた。

 川田座長が会頭を務める帯広商工会議所と帯広畜産大は昨年秋、包括連携協定を締結。バイオエイト・プラス1はこの流れを受け、帯広畜産大と、川田工業、ノベルズ(上士幌町)、ドリームヒル(同)、土谷特殊農機具製作所(帯広市)、北電(札幌市)などの8社で同12月に設立した。帯広畜産大は寄付講座の開設準備を進めてきた。

関連記事

宇部日報社

市長賞に花園自治会、春の花壇コンクール、特別賞や最優秀賞決まる【宇部】

 宇部市春の花壇コンクールの受賞団体が決まり、最高賞の市長賞には東岐波の国道190号沿いの花壇を彩った花園自治会(伊藤昌洋会長)が輝いた。市、市ガーデンシティ緑化運動推進委員会(会長・篠﨑圭二市...

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク