全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

座談会「おしえて助産師さん」50回の節目に 能代山本

産前産後の母親たちが集う座談会「おしえて助産師さん」が50回を迎えた

 能代山本の母親たちで組織するおらほの産科小児科を守る会(大谷美帆子代表)主催の座談会「おしえて助産師さん」が26日、50回の節目を迎えた。乳幼児を育てる母親や妊娠中の女性が産前産後の悩みを助産師に気軽に相談したり、参加者同士で悩みや不安を吐き出し子育て情報を共有しながら交流する場所として定着してきた。

 同会は能代山本医師会の市民講座に参加した母親たちを中心に平成21年8月に発足。25年から隔月で能代山本の飲食店を会場に、助産師を囲んでさまざまな悩みについて語り合うランチ付きの座談会を開催している。講師は、県北で唯一の助産院を主宰する菅原光子さん(大館市)が務めている。
 昨年はコロナ下で感染防止対策を講じながら、参加人数を制限したり、ランチを持ち帰りにしたりといった工夫を凝らして継続してきた。
 50回目の座談会は、三種町大口の農園りすとらんてハーベリーを会場に、生後3カ月から1歳1カ月までの子どもとその母親、妊娠中の女性合わせて6組が参加。自己紹介の後、母乳やミルクの飲ませ方、産前産後の体調や子育ての悩みなどを出し合い、菅原さんが1人ひとりの疑問や不安に丁寧に答えていった。
 出産を控える女性の不安に対しては、先輩ママたちも出産時のリラックス方法や産後の便利グッズを紹介。また、第2子以降の出産後の参加者が多く、上の子のフォローの仕方についても共有した。スタッフが赤ちゃんを見守る中、座談会後にはつかの間のランチタイムも楽しんだ。
 長女の陽葵ちゃん(9カ月)と一緒に参加した秋林可奈さん(37)は「上の子の時から参加していて、母乳の相談や子育ての悩みを専門家に聞いてもらえる機会はありがたい。他のお母さんたちも同じ悩みを抱えていることが分かり安心できる。みんなでおいしいランチを食べることもできてうれしい」と笑顔を見せた。
 代表の大谷さん(48)は「気が付いたら50回も続いていたが、お母さんたちに必要とされる場所として定着しているならうれしい。自分の子どもはもう抱っこできるような年ではなくなったが、座談会に来るとわが子の幼い頃を思い出して頑張ろうと思える。コロナ下でも赤ちゃんは産まれるし、毎日の子育ては止まらない。これからも地域のお母さんたちと一緒に続けていければ」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク