全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

黄色のじゅうたん「菜の花迷路」登場
鶴岡市白山の転作ほ場 JA鶴岡青年部員が整備

 JA鶴岡青年部大泉支部のメンバーたちが、鶴岡市白山の転作ほ場に「菜の花迷路」を整備し26日、一般開放を始めた。

 子どもたちに自然に触れ合う遊び場を提供したいと2018年に始め、19年に続き2年ぶり3回目。今回は特に、コロナ禍で遠出が難しい親子連れらの憩いの場になればという思いも込めたという。

黄色のじゅうたんの中を散策できる鶴岡市白山の「菜の花迷路」=26日午前

 場所は旧国道7号沿いの食堂「味の蔵 壽楽」裏手。個人所有の転作ほ場約30アール(約30メートル×約100メートル)を借りて昨秋、菜の花の種をまいた。今月10日ごろから開花し、同22日には支部メンバー約10人がほ場に入り、一部の茎を刈り取って迷路を作った。

 26日は菜の花が満開となり、黄色のじゅうたんが広がった。当初は地区内の保育園児を招く予定だったが、市内のコロナ発生状況を踏まえ、園児の参加は中止。青年部のメンバーら5人がささやかながらオープンセレモニーを行った。

 松浦雄太支部長(33)=同市小淀川=は「コロナのせいでできることは限られている。大変な状況下でも四季は巡り、花は咲く。迷路を楽しみながら、そういう自然の大きなリズムを感じてもらえたら」と話していた。

 迷路は5月9日(日)まで開設する。誰でも自由に入場できるが、駐車場は約100メートル北東側のJAのファーマーズマーケット「もんとあ~る」の駐車場を使うよう呼び掛けている。

関連記事

「ヨットのまち」沖合を56艇が疾走 蒲郡でエリカカップ

 日本最大級のヨットレース「エリカカップ」が19日、蒲郡市の沖合で開かれた。愛知県や三重県から56艇が出場した。  1981年に冒険家の長江裕明さんを乗せた「エリカ号」が、常滑市から出港し4年...

「日本画壇の風雲児」中村正義の画業たどる 生誕100年、豊橋で展示会

 豊橋市向山大池町の「ギャラリーサンセリテ」で企画展「生誕100年 中村正義展―豊橋の正義さん」が開かれている。「日本画壇の風雲児」と呼ばれた作家の画業を豊橋ならではの展示で紹介している。26日まで。...

「がまごおりじなる」潮干狩り

 蒲郡市シティセールス推進協議会は12日、三谷地区の水神海岸で市民対象のイベント「がまごおりじなる潮干狩り大会」を開催した。市制施行70周年記念事業の一環。  協議会は自分たちで蒲郡ならではの...

長野日報社

災害への備え再確認 防災拠点巡るウオーキング JOCA駒ケ根

 JOCA(青年海外協力協会、本部・長野県駒ケ根市)駒ケ根は11日、同市中心部の防災拠点などを巡って、能登半島地震被災地にエールを送るウオーキングイベント「ゴッチャ!ウオーク」を開いた。子どもか...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク