全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

地サイダー「新名所に」 帯広駅に自販機 全9種

十勝地サイダー専用自販機(中央奥)の除幕式を行う(右から2人目から)林会長と佐々木駅長

 十勝地サイダー研究会(林秀康会長)は26日午前、JR帯広駅改札西側に設置した地サイダー専用の自動販売機1台と新作地サイダーのお披露目会を同駅で開いた。関係者は地サイダーの新たな販路や帯広駅の新たな名所として期待している。

 地サイダー専用の自販機設置の構想は、同研究会内で数年前からあった。ただ、費用や設置先が具体化せず議論していた。昨年からの新型コロナウイルスの影響で、北海道物産展などの催事が中止となり販路を失った。地サイダーの知名度アップと帯広駅を利用する観光・出張客らへPRし、土産需要の獲得も狙う。

 午前11時から行われたお披露目会に出席したJR帯広駅の佐々木大輔駅長は「道内の駅では自動販売機を減らす方向性の中、地域を盛り上げる取り組みとして独自に企画した」と説明。林会長は「自販機であれば年中置ける場所にもなる。十勝を訪れる材料になれば」と期待を込めた。

 今回新たに発表した商品は、同研究会として11種類目の「池田白ぶどうサイダー」。池田町内で収穫したブドウのナイアガラを使った爽やかな味わいが特徴。十勝まきばの家(池田町)が販売する。中札内チーズホエイサイダーは材料やレシピを一新し、ヨーグルト風味にリニューアルした。今年度は、新作を含む9種類を販売する。価格は1本300円(240ミリリットル入り)。

関連記事

長野日報社

長野県伊那市産ヤマブドウワイン 上々の味「山紫」発売

 長野県伊那市が特産化を進めるヤマブドウ「信大W―3」を使ったワイン「山紫」の販売が23日から、市内を中心に南信地方の酒販店で始まった。昨秋収獲した果実は質、量ともに良好で、今季は過去最多の143...

“スタミナギフト”「肉丼」開発 帯広物産協会と東洋食肉販売

  帯広物産協会(小倉豊会長)が、新商品として豚肉や鶏肉、ハンバーグなどを詰め合わせたギフトセット「十勝の彩スタミナNIKUDON(肉丼)」を開発し、販売している。  「NIKUDON」は帯...

旭山学園自慢の十割そば 清水に17日そば店開店

 清水町内の社会福祉法人清水旭山学園(鳴海孟理事長)が運営する多機能型事業所「旭山農志塾」は、町南4ノ9の国道274号沿いで、そば店「石臼挽き十割そば農志塾」を17日にオープンする。そばの提供の他...

長野日報社

「豊かな香り堪能して」 信州大学農学部でワイン販売

 信州大学農学部(南箕輪村)は14日、学生が昨年秋の実習で収穫したリンゴとブドウを使った2種類のワインの販売を構内の生産物販売所で開始した。ふじを使った「濃厚リンゴワイン」と白ブドウの「ナイアガ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク