全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

ミャンマーからプログラマーを採用【釧路】

プログラマーとして活躍するピュー・ピューさん(右)とヤミンさん

 システムやソフトウエアの開発、デジタル機器販売などの「ポータス」(釧路市鳥取南5、栗林周次社長)で、4人のミャンマー人が正社員のプログラマーとして活躍している。ミャンマーからプログラマーを採用するのは国内でも珍しく、栗林社長は「向上心も高く、仕事も一生懸命」と評価し、今後も現地からの採用を検討している。          同社がミャンマー人を採用したきっかけは、2016年にJICA(国際協力機構)が行った「ミャンマー国IT人材育成の基礎調査」に栗林社長らが同行し、現地の大学やIT企業を訪問した際、ミャンマーのヤンゴン情報技術大学(UIT)からインターンシップの提案があったこと。人手不足でもあったため、翌年には2人のミャンマー人を3カ月間の期間限定で受け入れたところ、仕事面や生活面ともに問題なかったことから、18年と19年に1人ずつを採用した。

 さらに昨年11月、ピュー・ピュー・タンさん(24)とヤミン・テッ・ター・ラインさん(25)を採用。20年4月からの勤務を予定していたが、コロナ禍で11月にずれ込んでいた。ミャンマーでは、家族の絆が強いため子供の就職に親の意見が反映されることも多く、親の一言で就職がキャンセルされることもあるという。栗林社長は現地に出向き、4人それぞれの家族に直接あいさつし、信頼関係を築いて採用に至ったという。

ピュー・ピューさんとヤミンさんはミャンマーで日本語を学び、日常会話や業務上の意思疎通などに問題はない。現在は主に顧客の業務システムの製作などを担当、他の社員とほぼ同じ作業をしている。2人は共同生活し特に困っていることもないといい、「とても優しい人が多くて、日本に来て良かったと思っている。もっと勉強もしたいし、富士山にも行ってみたい」と口をそろえる。ミャンマーは国軍のクーデターにより混乱が続いているが、「今は家族が心配だけど、電話で話しているから大丈夫」と話した。

 栗林社長は「ミャンマーの情勢次第だが今後も採用に加え、現地からのリモートワークも検討していきたい」と話している。

関連記事

ニューヨークで奄美をPR NY奄美会、ジャパンパレードに出演

 米ニューヨーク・マンハッタンで11日、日米友好イベント「ジャパンパレード」が開かれ、鹿児島県の奄美群島出身者らでつくるニューヨーク奄美会(栄秀吉会長)が奄美代表として出演した。同会メンバーや奄...

長野日報社

入笠山に夏シーズン 開山祭、山頂「最高の景色」 長野県

 長野県富士見町と伊那市にまたがる入笠山(1955メートル)の開山祭が18日、御所平峠近くの登山口で行われた。両市町の関係者約100人が出席。神事の後、諏訪市を拠点に活動する諏訪アルプホルンクラ...

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

豊川出身・深谷選手が7人制サッカー日本代表に

 豊川市出身の元Jリーガー深谷圭佑選手(25)が、今月末からメキシコで開催される7人制サッカーの「キングス・ワールドカップ」の日本代表に選ばれた。渡航前に東愛知新聞社を訪れ、堀内一孝社長に「東三河地...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク