全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

ミャンマーからプログラマーを採用【釧路】

プログラマーとして活躍するピュー・ピューさん(右)とヤミンさん

 システムやソフトウエアの開発、デジタル機器販売などの「ポータス」(釧路市鳥取南5、栗林周次社長)で、4人のミャンマー人が正社員のプログラマーとして活躍している。ミャンマーからプログラマーを採用するのは国内でも珍しく、栗林社長は「向上心も高く、仕事も一生懸命」と評価し、今後も現地からの採用を検討している。          同社がミャンマー人を採用したきっかけは、2016年にJICA(国際協力機構)が行った「ミャンマー国IT人材育成の基礎調査」に栗林社長らが同行し、現地の大学やIT企業を訪問した際、ミャンマーのヤンゴン情報技術大学(UIT)からインターンシップの提案があったこと。人手不足でもあったため、翌年には2人のミャンマー人を3カ月間の期間限定で受け入れたところ、仕事面や生活面ともに問題なかったことから、18年と19年に1人ずつを採用した。

 さらに昨年11月、ピュー・ピュー・タンさん(24)とヤミン・テッ・ター・ラインさん(25)を採用。20年4月からの勤務を予定していたが、コロナ禍で11月にずれ込んでいた。ミャンマーでは、家族の絆が強いため子供の就職に親の意見が反映されることも多く、親の一言で就職がキャンセルされることもあるという。栗林社長は現地に出向き、4人それぞれの家族に直接あいさつし、信頼関係を築いて採用に至ったという。

ピュー・ピューさんとヤミンさんはミャンマーで日本語を学び、日常会話や業務上の意思疎通などに問題はない。現在は主に顧客の業務システムの製作などを担当、他の社員とほぼ同じ作業をしている。2人は共同生活し特に困っていることもないといい、「とても優しい人が多くて、日本に来て良かったと思っている。もっと勉強もしたいし、富士山にも行ってみたい」と口をそろえる。ミャンマーは国軍のクーデターにより混乱が続いているが、「今は家族が心配だけど、電話で話しているから大丈夫」と話した。

 栗林社長は「ミャンマーの情勢次第だが今後も採用に加え、現地からのリモートワークも検討していきたい」と話している。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク