全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

電気とガス使わない防災ご飯づくり

 表浜海岸などで防災活動や環境保全に取り組むNPO法人「表浜ネットワーク」(田中雄二代表)は25日、豊橋市寺沢町の空き家を活用した活動拠点「表浜まるごと博物館」で、「電気とガスを使わない防災ご飯づくり」を実施した。

 大規模な災害時に電気やガスが使えなくなることを想定し、定期的に開催している訓練で、今回が3回目。会員や友人ら約30人が参加し、薪を使って火を起こし、ご飯やパスタを作った。

 パスタは最初に水に入れて柔らかくして、最後の仕上げだけ火を通して、できるだけ火力を使わないようにした。また薪は木を細く割り、井桁に組むことで、ライターなど小さな火種から燃えやすくするようにした。料理は石を並べただけの簡易的なかまどで行った。

 さらに食器は竹を切って作ったほか、箸も竹を割って削ったものを利用した。またツナ缶などの食材から出た油を利用したランプ作りもあった。

 参加した日系ブラジル人のタグチ・バレリアさんは「電気やガスを使わなくても料理する方法が分かりました。とても良い経験ができた」と話していた。

 同ネットワーク事務局長の田中美奈子さんは「大規模災害はいつ来てもおかしくない。多くの人にノウハウを伝えていきたい」と話していた。

 なお表浜まるごと博物館は、賃貸契約が5月で終了する予定で、同館での行事は今回が最後になった。

関連記事

荘内日報社

ベニバナのドライフラワー贈り交流 宮城県村田二中 修学旅行で酒田・山居倉庫..

 宮城県村田町の村田第二中学校(松﨑恵子校長)の3年生22人が27日、酒田市の国指定史跡・山居倉庫を訪問、生徒自ら栽培した町特産「ベニバナ」のドライフラワーを山居倉庫夢の倶楽を運営する酒田観光物産協会(...

紀伊民報社

熊野古道「潮見峠越」で道普請 有機栽培の農家グループ

 有機栽培に取り組む和歌山県田辺市の農家グループ「田辺印の会」(前田謙会長)が27日、市内にある世界遺産・熊野古道の「潮見峠越」で道普請をした。  会は2008年創立。農家14戸が計16ヘクター...

「伝泊」がグッドデザイン金賞 「島の自然と対話」がコンセプト 地域資源の..

 奄美イノベーション(山下保博代表)が運営する鹿児島県奄美市笠利町の高級リゾート宿泊施設「伝泊 The Beachfront MIJORA」がこのほど、2021年度グッドデザイン金賞(日本デザイ...

サウナから然別湖へダイブ 特殊テント導入 鹿追ホテル風水

 然別湖畔温泉ホテル風水(鹿追町然別湖畔)は、湖畔でアウトドアサウナを実施している。特殊テントでフィンランド式のサウナを楽しめ、水風呂代わりにテントから直接然別湖に入ることもできる。同ホテルの営業...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク