全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「馬越長火塚古墳群」を紹介した写真集

27日からの出土品特別公開に合わせ無料配布

 豊橋市文化財センターは、史跡「馬越長火塚古墳群」(豊橋市石巻本町)の発掘成果などを紹介した写真集(A4判、全カラー32㌻)を発刊した。市美術博物館で27日から開かれる史跡の出土品特別公開に合わせ、希望者への無料配布を始める。  石巻地区は500もの古墳がある県内随一の集積地で知られ、同古墳群は代表的なもの。律令期の豪族の墓と考えられている。  古墳群は前方後円墳の馬越長火塚古墳(全長70㍍)をはじめ、大塚南古墳(直径18㍍)と口明塚南古墳(同23㍍)の二つの円墳からなる。古墳群は国史跡、長火塚古墳の出土品は国重要文化財に指定されている。  史跡を俯瞰したり、各墳墓の出土品を豊富な写真や図版で紹介。発掘調査で撮りためた写真から53点を厳選した。  大塚南古墳の最新情報として、今年の発掘調査で横穴式石室が著しく破壊されたと判明。天井石や奥壁をうち捨て、側壁に使った手ごろな石材を持ち出すために壊されたとみている。吉田城の石垣用に付近の古墳が壊されたとの言い伝えもあるが、因果関係ははっきりしていない。  馬越長火塚古墳の出土品では、1968年の発掘調査で出土した副葬品の数々も紹介。武器や農工具などの鉄製品、玉類や鏡など装身具まで多岐にわたる。  中でも、鉄地金銅装馬具は分厚い金メッキが施され、優れた副葬品として、東海地方でも古墳時代後期を代表する史跡として、国の重要文化財に指定された。  執筆と編集を担当した岩原剛センター長は「価値ある史跡だがあまり知られていない。写真や図版を多用し、見て楽しめるよう工夫した」と推奨する。  写真集は2000部印刷し、市美術博物館で27日に始まる出土品の公開企画展を皮切りに、窓口で希望者へ無料配布する。企画展は金銅装馬具など馬越長火塚古墳の出土品など100点が並ぶ。

関連記事

長野日報社

行動制限ないGW 諏訪地方の観光も好調な入り込み 長野県

春の大型連休(4月29日~5月8日)の長野県・諏訪地方の観光入り込み数は、コロナ前水準への完全回復とはいかないものの、おおむね好調に推移したようだ。期間の初めを除いて好天に恵まれたほか、3年ぶ...

荘内日報社

八色木薬師堂「薬師瑠璃光如来像」御開帳 世界平和願い初の一般公開(鶴岡)

 鶴岡市の藤島八色木薬師堂で8日、お堂に祭られている「薬師瑠璃光如来像」の御開帳が始まった。これまで12年に1度の寅年に八色木地区民しか見ることはなかったが、お堂を管理する堂主の海藤徳之さんと羽黒町手...

長野日報社

文化財デザイン「おたからカード」 長野県伊那市内の文化施設で配布

長野県伊那市教育委員会は、市内の文化施設を巡ってもらおうと、所蔵する文化財をデザインした「おたからカード」を作成した。歴史的資料や絵画、土偶など10種類を300枚ずつ用意。博物館や美術館などを...

北羽新報社

「みどりの日」新緑の藤里町高山を散策

 白神山地世界遺産センター藤里館活動協議会主催の自然観察会「第22回みどりの日の集い」は4日、藤里町で開かれた。時折雨が降り、強めの風が肌寒く感じる天気で山頂からの見晴らしにも恵まれなかったも...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク