全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

砂煙上げ 迫力の開幕 2年ぶり初日有観客 ばんえい十勝

 帯広市が主催するばんえい十勝の今年度開催が23日、帯広競馬場で開幕した。観客を開幕初日に受け入れるのは2年ぶりで、多くのファンがばん馬の熱い走りを楽しんだ。今年度の開催日は来年3月20日までの149日間、25開催。最初の開催は27日まで。

来場客が見詰める中、初日から白熱したレースが展開されたばんえい競馬

 新型コロナウイルスの影響で昨年度は無観客での開幕だった。この日は午後2時の開門前から多くの観光客や競馬ファンが入り口に並んだ。来場者は新型コロナの感染対策として、マスク着用の上で競馬場のスタッフから消毒や検温を受けて入場した。

 第1レースは同2時40分に出走。例年は主催者を代表して帯広市長や調教師ら関係者によるあいさつがあったが、これも感染症対策として実施しなかった。

 観客は砂ぼこりを上げてコースを突き進むばん馬のレースを見守った。道東を巡る研修旅行で同競馬場を訪れた江別市のとわの森三愛高校3年の学生(17)は幼少期以来、久々に見るばん馬の姿に「迫力あるレースで面白かった」と喜んでいた。

 この日の馬券の発売額は3億4678万8000円で、前年度初日(5億9233万8900円)と比べ41.5%減。入場者数は845人だった。

 ばんえい十勝広報は「コロナ禍で今年も大型イベントを開催することはできなかったが、800人以上の来場があり、感謝。発売額は昨年を上回らなかったが、順調な滑り出し」としている。

関連記事

紀伊民報社

防災用の井戸確保へ ポンプ設置や水質検査に印南町が補助

 和歌山県印南町は防災に役立てる「災害時協力井戸」の登録増加を目指している。民家などにある井戸を、災害時に使用できるようにするためだ。本年度からポンプの設置や水質検査に対して補助する。  災害...

金子さん初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」 新得消防団

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

荘内日報社

優雅な姿 目を引く 24日までしょうない金魚まつり

 庄内町の初夏の風物詩「しょうない金魚まつり2024」が20日から同町の新産業創造館クラッセのイベント広場で始まった。  同まつりは同町特産のブランド金魚「庄内金魚」を町内外に広くPRしようと毎年6月に...

宇部日報社

レノファを応援に行こう、8月3日はホームタウンデー【宇部】

目標は観客動員1万人  サッカーJ2レノファ山口の渡部博文社長とUBEの髙瀬太常務執行役員宇部事業所長は20日、宇部市ホームタウンデー・UBE冠マッチとなる8月3日のリーグ第25節、大分トリ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク