全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

芽室100%ワイン実現 町産原料を初自家醸造 めむろワイナリー

 めむろワイナリー(尾藤光一代表)は22日、芽室産ブドウを使った2020年産の新作ワイン「AVVERARE(アヴェラーレ) かなえる」を発表した。昨年建設したワイナリーで醸造した初めてのワインで、“芽室100%”のワインが実現した。23日午前11時から、クラウドファンディング(CF)で先行販売している。

新作ワインを発表しためむろワイナリーの(左から)廣瀬さん、尾藤代表、長岡淳一取締役

 めむろワイナリーは、ワイン用のブドウを生産する町内農家による株式会社。19年と20年は芽室産ブドウを使い、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所に醸造や瓶詰めを委託してワインを販売した。20年6月に芽室町内の新嵐山スカイパーク運動広場内にワイナリーを建設し、自社醸造を始めた。

 今回は5軒の農家がブドウを入荷。新作ワインは「山幸」と「清舞」、清見を使った「ロゼ」の3種で、「山幸」と「清舞」はそれぞれ4軒ずつの農家ごとに仕込む樽(たる)を分けて瓶詰めした“畑ごとのワイン”となっている。醸造責任者の廣瀬秀司さんは「欧州では国や村が違えば味も違う。町内でも(農家が)それぞれ何キロも離れている。一つに混ぜるより、それぞれのキャラクターとしてボトルにした」と話す。

 AVVERAREはイタリア語で「かなえる、実現する」の意味。めむろワイナリーの“芽室町100%のワインをつくる”という念願がかなったことから名付けられた。

 ワインの販売は23日から5月30日まで、CFサイト「Makuake(マクアケ)」で始まる。新作3種と、昨年発表した「大地の序章」を1年間樽で熟成したものを販売。「山幸」の飲み比べや、「山幸」と「清舞」のセットなど13パターンの組み合わせを用意した。価格は7500~4万円で、オリジナルグッズが付くものもある。一般販売は7月15日からの予定。

 尾藤代表は「芽室でおいしいブドウとワインができると伝え続けることがわれわれの使命。今年も出来は素晴らしいと実感している」と話した。

関連記事

ユリ根で揚げかまぼこ 大坂農場が道の駅・忠類で販売

 ユリ根農家の大坂農場(幕別町忠類新生176、大坂崇士代表)がユリ根を使った揚げかまぼこ「ナウマンボール」の販売を道の駅・忠類で始めた。同農場として加工品作りに挑戦するのは初の試み。毎年一定数出る...

長野日報社

マツタケ「どっさり」量り売り 長野県伊那市の産直市場

長野県伊那市ますみケ丘の産直市場グリーンファームで、マツタケの入荷が最盛期を迎えた。20日は豊作のときだけ行う「量り売り」を久しぶりに実施。連休でにぎわう売り場が一段と活気づいた。 先週末か...

十勝8店の“あんことミルク”食べて応援

 十勝を代表する小豆や乳製品の消費喚起を目的に、管内8店舗のオリジナル商品を応援する「あずき食べてみるく?キャンペーン」が、30日まで行われている。同キャンペーン事務局は「小豆と乳製品の相性は抜群...

長野日報社

チョウザメ仲間入り 南箕輪の大芝湖に放流

南箕輪村大芝高原の各施設を運営する村開発公社は14日、大芝湖にチョウザメ2匹を放流した。下伊那郡豊丘村を拠点に養殖に取り組む住民から譲り受けた個体。観賞用として飼育し、村民ら多くの人に親しんでもらい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク