全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「むか輪っこ」プロジェクト始動 新生児に木の玩具  むかわ

むかわ町は今年度から、地域の木材を活用して輪の形に作ったおもちゃ「森の輪(wakko)」を新生児に贈る事業に参画し、地元版「むか輪っこ」と題したプロジェクトを始動した。22日に道の駅「四季の館」で最初の寄贈セレモニーを行い、新生児4人にプレゼントした。

竹中町長からむかわ産の「森の輪」を手渡される古賀奨麻ちゃんと母の麻由佳さん

 森の輪は、木育活動の一環として自治体が新生児に歯がためや手遊びの木製玩具として贈呈するプロジェクトで、2019年に十勝管内で発祥。昨年度までに9市町が参画している。

 むかわ町はまちづくり計画に「森林を生かした教育と交流」を施策の一つとして掲げており、幼児期から木を身近に感じ、豊かな感性、人間性を育んでもらおうと、今年度この取り組みに加わった。

 町で贈呈する森の輪は、直径約8センチ、厚さ約2センチのドーナツ形。穂別地区で採取したイタヤカエデを使用し、苫小牧広域森林組合で加工した「オールむかわ産」にこだわったものだ。日本食品分析センターで検品し、乳児がなめたりかんだりした場合の安全性も確認している。

 最初の贈呈者となったのは、鵡川地区に住む生後3カ月の古賀奨麻ちゃん。セレモニーに駆け付けた竹中喜之町長は「町の木に初めて触れる瞬間を大切にしてほしい。木の温もりに触れて大きな『輪』を育んでもらえたら」と語り掛け、おもちゃを手渡した。母親の麻由佳さん(34)は「口に入れても大丈夫ということなので安心感がある。健康で、みんなから愛される子に育ってくれたら」とほほ笑み、わが子に優しいまなざしを向けていた。

 町では今後、定期的に行う3、4カ月検診に合わせて新生児に森の輪をプレゼントしていく。

関連記事

紀伊民報社

「イノブターダービー」中止 飼育数減少が影響

 和歌山県すさみ町のすさみ海水浴場で毎年5月3日に開かれている「イノブータン王国建国祭」の名物イベント「イノブタダービー」が、今年は中止されることが分かった。主催の実行委員会は「イノブタの飼育数...

マンガリッツァ豚と旬のアスパラ 幕別の味、一緒に食べて

 幕別町内で生産される「十勝ロイヤルマンガリッツァ豚」と北王農林(藤原壽美社長)の旬のアスパラガスのコラボ商品が4月末まで、オンラインショップで販売されている。  マンガリッツァ豚は、ハンガ...

荘内日報社

「SVリーグ」に参入決定!! “世界最高峰”目指し新設「ファンと共に戦う」 ラ..

 ジャパンバレーボールリーグ(JVL)は17日、都内で会見を開き、10月に開幕するトップリーグ「大同生命SVリーグ」男女のリーグ編成を発表した。先にSVクラブライセンスの交付を受けていた、酒田市を拠点...

宇部日報社

市が新たに電動自転車20台導入 シェアサイクル実証事業 観光客の需要を見..

 山口市は15日、2020年から行っているシェアサイクル実証事業で、新たに電動自転車20台を導入した。市民からの要望に加え、米有力紙の特集「今年行くべき旅行地52選」に選ばれたこともあり、国内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク